本当は朝早く起きて、自転車で松戸によってから北千住の駐輪場にチャリ止めて、そこからJRで水道橋に行こうと思ったんですが、起きてみると1:30まで好きな人の誰?とかいうメールやってたためにまだ眠いのと、雨の音がしたので2度寝。

結局、自転車で北千住に直行。開門始まってから30分ぐらいたって、東京国際女子マラソンのため少し遠回りさせられてようやく東京ドームに着きました。

今日は、アジアシリーズ。海外から来るお客さんも多いことでしょう。メラミンを持ち込まれたら困る(※今日の対戦相手は台湾なので中国ではありません。)からか、手荷物検査がすごい厳戒態勢。金属探知機とか、空港以外でお目にかかることはなかなかないですよ。


中に入ると、外野はそこそこの入りですが、内野特に2階席はガラガラ。

ユニホームに着替えていると、おじさんが着ま……ってこの前試合終了後にいろいろ話した人じゃん!
これは偶然か?必然か?それはまあ置いとき、1階外野席の最上段。立ち見よりマシですが、柱が邪魔でポール際やスコアボード、応援団がまったく見えません。これがこの球場のダメなところ。スピーカーも、10月の大宮球場以上に聞こえません。

試合開始10分前ぐらい、ようやく試合開始前のセレモニー開始!
統一セブンイレブンライオンズと埼玉西武ライオンズの選手がグランドに出てきて、台湾と日本の国歌が流れます。
そこには、レオとライナも出てきました。
同じく統一もマスコットキャラクターらしきものが出てきました。
イメージ 1

ライオンズですよね?みんなかわいらしくて、幼稚園の絵本に出てきそうで、でも石景山遊園地に居そうなキャラクターですね(冗談ですよ)。なんでライオンいないんだ!?

そして、ようやく今日のスタメン(どれだけ待たせる気だ怒)!
イメージ 2

なぜ、選手名が英語で、一部見慣れている文字が見えるんでしょう。やるには全部英語にしろや!

いろんなものに疑問を持ちながらも、試合は始まりました。

台湾との関係を保つためにも、トラブルは避けたいのですが……
しかし、事件はすぐ起こりました。
1塁塁審が、ファールをフェアと判定。西武ファンがブーイング。すぐにその審判はファールとゼスチャー。統一のコーチが抗議。そのまま試合再開。

お願いだからやめてくれ

これが原因で戦争になったらどうするんですか!笑
その後、涌井は毎回ランナーを出し、たまにピンチを招きながらもしっかり0に抑える、どこか10月17日と同じような感じのすばらしい投球を披露!0に抑えられるところがエースらしいと評価するべきでしょうか。

西武打線は、統一打線より沈黙。チャンスはそれなりにあるんですけどね。さすがアジア一を決める決勝戦です。
7回に2死2塁で、原拓也選手が登場し、今シーズン初めて1軍の打席に立つところを見たんですが、相変わらず僕が生で見ているときにヒットを打ってくれない。原選手は特別好きなので、見れるのはうれしいのですが。
また、原の打席時、チャンステーマ3が流れていたのですが、コールの「チャンスだ○○(選手名)!」の選手名の部分が、原という人と拓也という人がいてグダグダ。たしかコールは拓也でよかったと思うのですが、変わったんですか?

そのままスコアボードには0が刻み込まれていき、9回裏を迎えました。

いまだに日本シリーズ第2戦ラミレスのサヨナラホームランが脳裏から消えないので、それを消すためにも中村の1発を見たいところ……うん、現実を受け止めるしかないようだ。
2アウトになってしまいましたが、石井義人がフォアボールで出塁。東京ドームのオーロラビジョンのスコアボードは、10回以降を表示できないために1度9回までのスコアを消してから表示するような気がしたので、念のため写真を撮ろうとすると、佐藤友亮が打ったー!!!!!

これで9回2死3塁、2塁の大チャンス!と思ったら、サードのコーチ(名前忘れました)が、腕回している!石井義人が3塁を回っている!ホームへ突っ込んでいる!

サヨナラ勝ちでアジアチャンピオンだ!

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

今年1年間(特に後半)(某有名企業に向けて強調)いろいろありましたが、伝統の足を使ってアジアチャンピオンを掴み取りました!

MVPは佐藤友亮選手!

いろいろ表彰もあり、そのあとの2次会は、いつもどおり3本閉めで閉めたあともまだまだ続き、中島やG.G.佐藤の応援歌をやったり、台湾の応援をやったあと清原の応援歌(統一も使っているので)やったり、「いいぞいいぞ台湾!」コールをやったり……
とにかく、今年最後の試合は最高の形で閉めることができました!