イメージ 1

クライマックスシリーズ パのMVPが、涌井秀章投手に決まりました。

今年の公式戦では、エースとしてはあまりいい結果が出せませんでしたが、CSでは第1戦の2回表に満塁のピンチを迎えるも、後続をしっかり抑えて、6回1失点と復活の兆しを見せて、第5戦では7回2アウトまでパーフェクトというすばらしいピッチングを魅せてくれました。
この試合は、クライマックスシリーズ史上最小の3安打で日ハム打線を抑えて、完封勝利を収めました。

片岡選手が気になるところですが、涌井投手を含め、投手陣が竜か巨人打線をねじ伏せて、いつものように打線爆発で日本一、そして初のアジアチャンピオンになってほしいです。

イメージ 2