イメージ 4

実際は試合観戦ではなく、原拓也の追っかけです。

6月1日。西武ドームでは西武VS中日が行われていましたが、同じ時刻にお隣の西武第二球場でファームの西武VS楽天戦が行われていました。

もちろん、2軍の試合=俺の目的は原拓也

ドームでは1回の表裏が終了。そして第二球場に向かう俺。


イメージ 1

今日もスタメン出場の原!


そして、ピッチャーはあの人。
イメージ 2

マット・キニー!


許銘傑に変わって登録を抹消されたキニー。結果は残念だった。

さて3回の裏、バッターボックスに向かうは原拓也。
イメージ 3

最近ヒット出てないみたいなんですよねぇ。この打席もショートゴロ。この日もヒット無し。

まぁ、まだ先は長いのでがんばってもらいましょう。

この試合は、3回まで見ました。結果は4-3で負けたようです。

2軍は弱いなぁ。


ドームで7回が終わったときに、もう一回こっちに来たんですが、試合は終了していて、選手が練習していました。

そして、外野グラウンドにはなつかしのあの人が!
イメージ 5

木村文和!


時は2005年(日付は忘れた)。

あの日は暑かった。

県営大宮球場。

親が応募していたかなんかで高校野球の埼玉県大会のチケットをもらった。

決勝戦。埼玉栄VS春日部共栄。


もちろん、俺と親は地元春日部共栄を応援

8回まで、木村に抑えられていた共栄打線は、9回表、2死満塁のチャンスをつかむと、4番主砲キャッチャー鶴岡けんじろう(漢字わからん)がライトオーバーの3ベース(2ベースだったらごめん)、いてや(漢字わからん)のタイムリーで逆転。

9回裏を、だれかが押さえて、あの夏、共栄は甲子園に行った。

敗戦投手、木村文和。



ちなみに、2軍の選手の追っかけとか、おばさんがやりそうなことですが、超特快は中3の男子です。

会ったことある人はわかるよね?