イメージ 1

イメージ 2

2/22(今日)第16回地球環境大賞の発表があったそうで、JR東日本(東日本旅客鉄道株式会社)が文部科学大臣賞と言う賞を受賞したそうです。
受賞事由は「省エネ車両の継続的導入と世界初のハイブリット鉄道車両の開発・導入」従来車両の約半分のエネルギーで走行し、車両重量の約9割がリサイクル可能なE231系等の省エネ車両を81%(2005 年度実績)導入したため。また、新たな動力システムにより環境負荷低減を目指す「NEトレイン」の開発を進めており、2007年夏頃に小海線(小淵沢~小諸間)に営業車として世界初のディーゼルハイブリッド鉄
道車両3両を導入する予定。さらに、世界初の燃料電池ハイブリッド鉄道車両の開発を開始し、2006 年7月から試験を行っていることからだそうです。
表彰式は4月にあるそうで。よく分かりませんが、とにかく環境に良いことをしたということでしょう。
個人的にJR東日本は好きなので良く分からないがうれしい。