2024年07月

IMG_5234
東海道新幹線が保線用車両の衝突脱線事故により、始発から一部区間で運転を見合わせ、結局終日運休となってしまいました。(こだま757号が終日運休区間を突破して新大阪行きになったという話もありますが詳細不明)


東名阪を結ぶ大動脈が絶たれ、平日とは言え大混乱となりました。



北陸新幹線や近鉄電車、さらには全日空や日本航空まで救済便を運行(運航)したものの、東海道新幹線の暴力的な輸送力を補うにはほど遠く、Xを見た感じまだまだ混乱は続いてそうです。


せめて北陸新幹線が大阪まで繋がっていればと一瞬思いましたが、どのみち輸送力やそもそもの編成数考えるとやっぱどう考えても捌けないっすよね。それだけ東海道新幹線が別次元の移動手段だと改めて認識しました。




これから深夜帯になりますが、今後運転再開とともに臨時を走らせるのか、明日の始発からの運行はどうなるのか。

公式からはまだ発表されていません。


車両のやりくりをどうするのか、乗務員は足りるのか、おそらく今現在も現場で調整しているところだと思われます。



明日の早朝からお昼ぐらいまでの便なんかは運転の変更の可能性も否定できませんので、ご利用予定の方は運行情報を確認の上、代替手段も検討しながらご利用ください。



 

IMG_5736
北陸新幹線の終電敦賀まで乗りまして、無事にJR西日本全線完乗を果たしたわけですが、家に帰るまでが遠足。

ここからがわりと大変でした。


IMG_5739
敦賀で下車する客なんてほんの一部。敦賀まで新幹線でやってきた人々は、大半が大阪か名古屋方面を目指すわけで、それぞれサンダーバードとしらさぎに乗り換えていくわけですが、特急列車ですので特急券が必要です。

IMG_5692
今回、大宮から大宮までと言う券売機で買えない切符を買ったんですが、


IMG_9055
出発当日の朝に1時間近くみどりの窓口で待って購入したもの。つまりこの旅行、三連休中日に思いつきで始めたものでして、すべてその場その場で切符を買っています。

一応次のしらさぎは北陸新幹線の車内でe5489を使用して購入したものの、しらさぎってチケットレス対応してないのね。

IMG_5739
そのためこの案内表示に逆らって改札外へ行き、みどりの券売機できっぷを発行しなければならないのですが、まぁ並んでおりまして...


IMG_5743

結局諦めました。おかげでクソでかい敦賀駅の駅舎が見れましたよ。


いや、並んでる間に発車時刻1分前になっちゃったんで、急いでキャンセルしたんですよ。


そしたらまさかのキャンセル料700円ぐらい取られるわ(普通の切符と一緒で220円ぐらいとかだと思ってた)、とぼとぼ駅舎の外に出てきてカメラ構えたぐらいでようやくしらさぎが出発するわ、なんか散々でしたね。


きっぷは事前に購入しておきましょう。


IMG_5749
つぎのしらさぎなんて待っていられないので新快速に乗って米原を目指します。

意外と思っていたほど新幹線の高架橋高くないのね。



IMG_5753
小浜線との分岐近くまで来ると、新幹線も同じぐらいのレベルまで下がってきました。



この辺りは車庫への引き込み線で、将来的に延伸した時も本線になることはないようです。そもそもいつ延伸されるんでしょうか?


IMG_5760
このまま新快速に乗り続けたいところですが、こいつ湖西線経由なんですよね。


IMG_5761
よって、名前だけよく聞くけど行ったことない駅ランキングでそこそこの順位に入りそうな近江塩津で下車。

いい加減お腹もすいてますし、どこかでご飯でも食べたいところですが
IMG_5777


IMG_5780

IMG_5770

IMG_5769

IMG_5763

IMG_5766
こんな駅じゃ飯なんてありつけません。コンビニすらないもん。


秘境駅と言うにはちょっと違うけど、寝過ごしてここまできたら地獄ということはよくわかりました。


IMG_5767
どうでもいいけど白ポスト初めてみたかも。青少年に有害な本とDVDが集められてるとかある意味楽園なのではないかとも思いますが、勝手に取ったら窃盗とか器物損壊とかいろいろ犯罪でしょうし、趣味嗜好が自分に合ってるか不明ですし、こんな場所で中身が入ってるか謎ですから絶対に開けないように。

IMG_5781
30分ほど待ってようやく次の新快速に乗車。こいつが敦賀始発ならもう少し敦賀を探索できたんですけどね。

IMG_5791
途中琵琶湖と思わせて余呉湖を眺めつつ、

IMG_5797
「たかつき」だから実質大阪を経由して、

IMG_5798
521系の生き残り?を見たら、

IMG_5802
今度は正真正銘の琵琶湖を見つめ

IMG_5804
北陸本線の起点、市役所すぐ隣の米原駅に到着。



すごい地味ですが、敦賀から米原で北陸本線完乗になってしまうんですよね。もうここも合わせて琵琶湖線と言う愛称で良いのではないでしょうか。



このあとひかりに乗って帰宅。


何度も言いますが、きっぷは事前に購入しましょう。改めて学ぶことができた旅行でした。



 

IMG_2296
JR九州は、9月7日と8日にひなたサンマリンスタジアムで開催される、日向坂46のライブひなたフェス2024にあわせて臨時列車を運行すると発表しました。(JR九州のプレスリリース


運行されるのは南宮崎発延岡行きの特急日向坂46号が一本と、宮崎発鹿児島中央行きのおひさま号が二本。

日向坂46号は実質定期列車のひゅうが16号の愛称変更のため、増発される特急としては鹿児島中央行きの2本ですね。


この他サンマリンの最寄り木花から南宮崎まで、コンサート終了後に途中駅無停車の臨時列車を走らせ、同区間はコンサート終了後から23:30ごろまで約20分間隔での運行となるようです。

日南線ですからね。日南線をこれほど大増発させる日向坂46が凄いのですが、これだけ増発しても輸送力としては4000人程度増えるだけみたいなんです。

これは日向坂46の運営の方も懸念しているようですね。



コンサート会場からの帰路問題、今年キンプリが山口でやらかした件もあってか、日向坂46の運営らかなり本気です。

ひなたフェス2024対策本部というブログを公式がやっているんですが、運営の努力が伝わってきますね。



臨時バスとかも含め、県内の様々な企業に頭下げに行ったんでしょうね。対策本部を見て、是非ともひなたフェスが成功して欲しいと思いました。



というわけで、ひなたフェスに行かれる方は是非楽しんでほしいのと、ひなたフェス関係ない撮り鉄乗り鉄は絶対行くなと言いたいですね。


日向坂ファンと一般客だけで宮崎の交通がパンクしそうなところに、余計な者が紛れて台無しにならないことを祈ります。

 

IMG_5674
金沢からいよいよ未乗区間に乗りたいところですが、上野行きのかがやきが気になって見物。

東京駅キャパ不足問題の影響ですね。

正直かがやきの運行本数はもっと増えて欲しいと思っています。


IMG_5677
私が乗り込むのはつるぎ。

以前から金沢〜富山間のシャトル列車の愛称でしたが、敦賀まで延伸してサンダーバード・しらさぎリレー号になっています。

IMG_5688
全然車両がいない白山総合車両所を通過。三連休でしたから、車両はほぼフル稼働だったようですね。

IMG_5699
列車は小松に停車。

小松と言えば小松空港。北陸新幹線金沢開業後も羽田便はそれなりにありましたが、ついに小松も東京からかがやきだと3時間を切ってきたので、そろそろシェアを完全に奪われるのではないでしょうか?


IMG_5703
続いて観音様が見えてきたと言うことは、

IMG_5705
加賀温泉ですね。新幹線の駅名で温泉の名を冠するってのもなかなかレアものですが、

IMG_5714
隣も温泉なんですよね。と言うかほんとにサンダーバードがそのまま新幹線になったような停車駅。


そして北陸新幹線の今回開業部分の、個人的に目玉だと思う場所、新幹線と道路の併用橋、新九頭竜橋!
IMG_5718
...まぁそりゃ壁で何にも見えないっすよね。一応道路橋と橋脚を共用してる橋なんですが、まさか大昔の名鉄とかのように、車の真横を新幹線が通過するわけではなく、道路と線路の間には他の区間と変わらないようなかべで隔てられています。


いつか斜め上から見下ろしてみたいものですが、そんなちょうどよく展望できそうな場所が存在していないのが残念です。


IMG_5725
そして列車は福井に到着。


今回は降りませんでしたが、ここは元々
d6f2c118.jpg
えちぜん鉄道が使用していました。

9c1eef92.jpg
この地方鉄道には幅が広すぎたけど、新幹線にしては狭すぎるホーム、そのまま使ってるってことでいいのかな?


d27a74a3.jpg

この当時はぶつ切りになってきた線路も、もう少し先まで伸びることが出来ました。


IMG_5728
福井の次は福井鉄道から駅名を奪い取り、新幹線初のひらがなを含む駅名となった越前たけふ。


なおiPhoneの予測変換ではまだ越前たけふは対応していない模様。


IMG_5731
越前たけふを過ぎると列車は長いトンネルを超え、遠くに海が見えると終点の敦賀。


IMG_5736
なんだかあまり達成感はないものの、これでJR西日本の路線完全乗車しました。



まぁまさかJR西日本完乗の最終ランナーが
IMG_5732
JR東日本のE7系になるとは思ってませんでしたけどね。つるぎでも東の運用あるんですね。



さて、目的は果たせたものの、この先が割とたいへんでした。


つづく

 

IMG_3179
ゴールデンウイークに木次線を完乗。

これによりJR西日本の未乗区間が、今年開業した北陸新幹線の金沢〜敦賀間のみとなりました。


埼玉から一本で行ける区間ですし、余裕で日帰り圏内ですので、木次線に乗った次の日にでも行こうと思えば行けたものの、お金に余裕が無くて夏のボーナスを待ちまして、いよいよ挑む時がきました。

IMG_5606
東の新幹線ではそこそこ乗る回数の多い北陸新幹線に乗車します。

IMG_5611
乗りますのは敦賀行きのはくたか。

敦賀の文字を見ますと、どうしても関西を連想しますが、そういえば福井県なんですよね、敦賀。


新快速の勢力範囲に改めて驚きです。

このまま終電まで乗り通せばJR西日本全線完乗は達成されますが、それだとなんか味気ないので金沢で下車しました。

IMG_5654
北陸本線が第三セクターに移管され、そのためなのかシールペタペタ貼られた金沢駅在来線ホームにやってきました。

そうですよね、北陸本線は第三セクターに移行されたんですよ。

七尾線が直通してきてますが、七尾線の起点は3駅隣の津幡。つまりここ、完全にJRじゃないので、
IMG_5644
IRいしかわ鉄道の入場券が必要となりました。

北陸本線がほぼ消滅したんだと改めて実感しましたね。

IMG_5617
ホームに上がるとハピラインの車両がお出迎え。

なぜだろう。521系なんだけど、四国の特急っぽさも感じる塗装。

IMG_5619
デビュー記念ステッカーが貼られています。


IMG_5625
後方の編成はピンク比率高め。結構思い切った配色ですよね。


IMG_5622
そこそこの運行本数を維持していますが、さすがにホームが余ったのか、午後の2時過ぎだってのに4番のりばの発車案内は既に本日の運行は終了しましたの表示。

あれだけの運行本数を抱えていたサンダーバードが消えたらそりゃホーム持て余すか。


IMG_5632
隣のホームには七尾線の521系。七尾線がJRの車両になってるのを地味に初めて見ましたね。

赤系のラインカラーなので広島っぽさを感じるかと思ってましたが、結構暗めの赤なんですね。

そういえば七尾線の413系とかが末期にこの色でしたっけ。

IMG_5642
あいの風とやま鉄道の車両もいました。223系顔の521系。

IMG_5647
IRいしかわ鉄道の521系。

IMG_5658
こちらもIRいしかわ鉄道の521系。

所属会社が異なり、顔も製造時期で異なるというのに、来る電車全て521系なのなかなか面白いですね。

IMG_5661
最後に七尾線521系の入線を遠目に見て金沢終了。


そろそろ本題に入ります。


つづく

↑このページのトップヘ