2020年01月

IMG_1984
今じゃ貴重な415系だったり、末期色だったり、国鉄型の宝庫、そして


IMG_1991
ふぐの街、下関。

ここから大規模な未乗区間、そして偉大なるローカル線へ。


IMG_1994
下関13:44発→長門市15:59着 山陰本線普通 キハ40系

ここから山陰本線の長旅がスタート。

正確に言うと
IMG_2000
末期色の墓場、幡生からが山陰線です。

ここからひたすら京都方面へ上っていきます。


IMG_2023
「本線」と名乗っていますが、かなりローカル線臭のする山陰線の中でも、益田市以西は特にローカルな雰囲気が漂っています。

IMG_2070
日本海沿いを進む山陰本線は、かなり絶景だらけの路線でもあります。

IMG_2128
冬の日本海ですが、この日はかなり穏やかに見えました。


IMG_2140
長門市16:16発→仙崎16:20着 山陰本線普通 キハ120形

長門市からは山陰線の支線、通称仙崎線へ。

この仙崎線は、山陰線というより、ほぼ美祢線の延長のような運行形態がとられているようで、今回乗ったのも美祢線からの列車。

おそらく長門市へのアクセスは、山陰線から来るより、こだまで厚狭まで行って、美祢線で来るほうが早いです。


IMG_2153
4分ほどで終点の仙崎。


IMG_2154
「〇〇のはなし」号のイラストと、金子みすゞの「私と小鳥と鈴と」

金子みすゞの出身がここ仙崎らしいです。



IMG_2160
駅前は綺麗に整備されてました。


折り返し列車で長門市に戻っても、乗り換え時間が1時間ぐらいあったので、散歩ついでに歩いて長門市に戻ることに。

IMG_2163
駅前の道を歩いていると、突如現れる金子みすゞのモザイク画。観光地化されているのか?


IMG_2165
金子みすゞ像。注目すべきは、土台に刻まれた「みんなちがってみんないい」が安倍晋三 著になってるところですね。

長門は安倍晋三ゆかりの地でもあるんですよね。

IMG_2186
日本海の夕日を眺めながら長門市駅へ、海岸線沿いの道を歩いて戻ります。ほんとにどこでも絶景だなぁ。




つづく
 

IMG_1937
西戸崎11:06発→香椎11:25着 香椎線普通 BEC819系

西戸崎から先は鉄路は無いので引き返します。


IMG_1945
香椎11:26発→博多11:40着 鹿児島本線区間快速 813系

鹿児島本線名物、どこまで飛ばすか、どこから各停かよくわからん区間快速で博多に戻ります。(こいつは終点まで各駅だったらしいです)


IMG_1948
博多に戻ってからがようやく今回の旅スタート。


なんですが、相変わらずとんこつ臭い博多駅に戻ってくると、やっぱ食べとくしかないか。

IMG_1951
駅のホームで博多ラーメン。

博多駅がとんこつ臭いと書くと、知らない人が見ると、なんか博多を馬鹿にしてると思われそうであれなんですが、ホームに立ち食いの博多ラーメン屋があるんでまじで臭います。少なくとも吉塚寄りの方は結構臭います。


IMG_1960
博多11:57発→小倉12:37着 鹿児島本線特急ソニック21号 885系

さぁ、まずは本州を目指すため、白いソニックで小倉へ。

この885系、2年半前に乗った時も思ったんですが、JR特急車両の中でかなり上位に入る座席の座り心地だと思うんですよね。そう思ってネットで調べたら酷評だらけだったのでもう黙ります。


IMG_1969
小倉ではうどんを堪能。かしわにごぼ天にやわ麺という、福岡っぽさを集めたうどん。


小倉からは懐かしい電車で本州へ。
IMG_1976
小倉12:56発→下関13:10着 鹿児島・山陽本線普通 415系


上野で見れたのも、もう13年前の話となった415系。

西日本の415系も521系に置き換えの予定が決まっているようですので、あとは九州のみなんですよね。


JR九州の交直両用車はこの415系だけですので、今後の動向がきになるところです。



懐かしの電車に乗って、九州滞在時間わずか18時間で本州に帰還。

下関に来たということは、
IMG_1982
1年ぶりに末期色の世界に片足を突っ込んだわけですが、今回は気持ちを抑えて別の方向へ。



つづく


 

IMG_1868
博多10:01発→長者原10:12着 篠栗線快速 817系

博多からいよいよ山陰地方を目指したいところですが、ちょっと時間があるので寄り道。817系に乗って長者原へ。

IMG_1885
長者原→香椎10:32着 香椎線普通 BEC819系


長者原からは香椎線に乗車。この時は全然気にしてなかったというか気が付かなかったというか、これ蓄電池車だったんですね。

自動運転のテストだなんだやってる香椎線なんで、てっきり電化でもされたのかと思って気にもしてなかったんですが、そういえば架線ねぇや。


IMG_1892
香椎10:35発→西戸崎10:53着 香椎線普通 BEC819系

蓄電池車両と気が付いたのはこの時でしたね。
DENCHAというのはデュアルエナジーチャージから来てるらしいですが、形式の方のBECってなんなんでしょうか?

JR東日本のEVとほぼ同じ意味になるとは思うんですが、詳細はわからん。


IMG_1900
海の中道の砂州を行く香椎線。


IMG_1933
終点の西戸崎に到着。


IMG_1931
駅周辺は特に何もないです。観光地は1つ手前の海ノ中道駅か、この駅からバスで

IMG_1928
志賀島がありますが、西戸崎は普通の居住区といった感じでしょうか。


IMG_1924
駅舎は真新しいのに、公衆電話はダイヤル式。そんな不思議な西戸崎駅でした。



つづく


数少ないそれなりの長期休暇を利用しまして、それなりの泊数を伴う旅行をするのが定番となったお正月。

学生時代はバイトに明け暮れなければならなかったので、こんな時期に旅行なんてできなかったんですが、まぁどこも混むし、どこも料金高いし、あんまりメリットはないんですが、ここでしかまともに休めないんでしょうがない。


2020年を迎えたものの、明らか2019年末の激務の疲労も年越ししちゃって、かなり体調が悪い状態で出発。

IMG_1596
まずは京急で羽田へ。北総7500形初めて乗ったかも。

IMG_1795
羽田からはスカイマーク。

IMG_1679
久々に夜のフライトで、まともに外の景色見れました。カメラじゃ伝えられないんですが、いい夜景でした。カメラじゃ全く映らなかったんですが、手前に横浜の夜景、遠くにうっすら夕焼けと富士山のシルエットという最高の絵でした。


夜景見ながら機内サービスのコーヒーがぶ飲みして優雅に過ごしていたら、着陸態勢に入ってシートベルト着用サイン点灯した直後からものすごい尿意を催す地獄を味わいながらなんだかんだ福岡到着。

IMG_1800
トイレ直行からの地下鉄でとりあえず博多へ。


IMG_1828
イルミネーションがかなり豪華で驚き。

ここで翌日からのJRの乗車券を購入し、そして迷わず中洲へGO!


IMG_1857
元日夜の中洲は、驚くほど閑散としていました。


初日はとりあえず福岡入りして終了。

翌日はここから山陰地方を目指していきます。





つづく

 

益田を出て

20200103_100409

松江、

20200103_151847

鳥取と、山陰を制覇したと言っても過言ではないでしょう。


この2ヶ所しか観光してませんがね。


そして出雲大社も通過してます。



あとはほぼ帰るだけなんですが、問題はUターンラッシュにおもくそぶち当たるんですよね。

新幹線に座れるのか。座れないにしてもスマホの充電は持つのか。


最後の山場となりそうです。



↑このページのトップヘ