2018年04月

JR九州の青柳社長は、九州新幹線西九州ルートに関する与党検討委員会にて、最も整備効果が発揮される全線フル規格を要望するとの意見を表明したそうです。(乗りものニュース


フリーゲージトレインとかいう夢物語の所為で、武雄温泉~長崎間のみがフル規格で建設中で、新鳥栖から武雄温泉まではどの方式で建設するか未定の状態。


何年か前にフリーゲージが困難と判断されてからは、ミニ新幹線かフル規格の2択になったわけですが、ミニ新幹線だと所要時間はかかるうえ、改軌で列車の運休が発生するなどいろいろ影響が出てきます。

全線フル規格で整備されるのが、所要時間などの面では一番効果があるものの、この場合佐賀県が建設費負担に反発するんですよね。


それもそのはず、博多から佐賀って現行の特急列車で40分弱ぐらいで着いちゃうんです。

新幹線がフル規格で作られようが、ミニ新幹線になろうが、距離が近すぎて所要時間に関しては大差ないんです。

となると、わざわざ高い費用を負担させられたくないのは当たり前ですよね。



ただ、長崎県やJR九州の立場になれば、一番整備効果のある全線フル規格で作ってもらいたいのもわかる話。




何よりも早くどの方式で建設するか決定しないと、2022年度に武雄温泉~長崎がフル規格で開業予定ですし、いつの日かの新八代のように、対面乗り換えのリレー特急方式がいつまでも続いてしまいますからね。どう考えてもあの中途半端な状態がずっと続いてしまうのはもったいないですから、早く解決してもらいたいです。







大阪に頻繁に旅行に行く私ですが、今年は雪見たさに

2月に2回も新潟に訪れました。

2回とも行きは上越新幹線、帰りは北陸新幹線に乗ったんですよね。

東海道山陽新幹線はしょっちゅう乗ってますが、もう一つ乗ってないやつが、家の近所を走っている・・・・


というわけで、
行くぜ!東北!


イメージ 1
大宮8:06発→仙台9:14着 東北新幹線はやぶさ49号 E5系

いやぁ、4年ぶりぐらいにE5系に乗りました。

はやぶさに乗るのも初めてですね。全席指定なので、いままで敬遠してきましたが、今回は乗車20分前にえきねっとに登録し、大宮に向かう野田線の車内で指定席を予約。

うん、寝坊して乗るはずだった電車に乗り遅れたんでね。切符買う時間無くなるわ、どの列車に間に合うか調べなおさなきゃで、空席確認ついでに登録と予約をしました。これで今年は北へ向かう旅行が増える!?



わざわざはやぶさに乗った理由はこれ。
イメージ 2
仙台9:24発→石巻10:16着 仙石東北ライン特別快速 HB-E210系

3年前に開業した新ルート、仙石東北ライン。初めてHB-E210系を見ました。そういえば最後に鉄道で仙台に来たのは4年ぐらい前ですから、まだ開業してなかったんですよね。


特別快速は、仙台を出ると塩釜まで無停車。その後、松島の手前で減速し、そして駅間で停車。
イメージ 3
ここで東北本線から分岐して、仙石線・東北本線接続線を経由して仙石線の高城町へ。ここの分岐は松島駅の構内扱いになるみたいですね。


イメージ 4
仙石線に入ると、かなり海沿いを走ってきます。防波堤が真新しいですね。

イメージ 5
ちょっと海から離れたと思ったら、真新しい高架橋。おそらく内陸移転区間でしょう。あれから7年か・・・

イメージ 6
遠くの海岸沿いに、木が何本か生えてますが、おそらく以前は海岸線一面に木が生い茂っていたのでしょう・・・


仙石線のこの辺りは初乗車ですし、特に下調べもせずに来たので、7年前の姿が全く分かりませんが、何か色々想像してしまいますね。


そんなこんなで、仙台から1時間足らずで
イメージ 7
石巻に到着です。


つづく


イメージ 1

朝から優雅なコーヒータイム。

新幹線で北へ向かっております。

500円のスイーツ&コーヒーセットで、普通車指定席でも気分はグランクラス!?

新年度を迎え、新入社員ではないですが、我々も気持ちも新たに仕事をスタートしたいと思うやいなや、先輩が会社の給与に関して私にものすごい勢いで愚痴ってきます。

まぁ確かに給与は高くはないですが、求人に書いてあった通りですし、前の会社でどれだけもらってたか知りませんが、そんなことよりも今年度からうちの部署に女子がいないことの方が大問題なんですが?

そんなやる気がた落ち状態で新年度を迎えた超特快です(これからどうやってモチベーション上げろと?)。


ここまで新年度、新年度言ってきましたが、3月31日、バリバリ昨年度末の話。

埼玉では桜満開でしたので、これはと思い、都内の東中野の桜でも見ようと撮影に向かってました。
イメージ 1
えー、この冬埼玉が寒すぎた所為で、都内と桜の満開の時期がずれちゃったんですよね。埼玉ほどの極寒にならなかった都内では、一足早く桜満開のニュースが出てまして、埼玉が満開の時、東中野はほぼ散りかけ。

イメージ 2
ここに来るのは5年ぶりぐらいだったんですが、老木なのか、一部の桜の木が伐採されて、散りかけと相まって桜のボリュームが減ってます。


イメージ 3
線路沿い北側の桜並木の道は、舞い散る桜でなかなかいい感じなんですが、如何せんここで中央線の写真を撮るにはどこか物足りない。

そういえばもっと昔は
https://livedoor.blogimg.jp/jre231train/imgs/2/a/2a874f03.jpg
菜の花も咲いててさらにいい感じだったんですけど、この日の黄色要素は中央総武緩行線ぐらいでしたね。いったい菜の花はどこにいったんだ?


やっぱり何か物足りないので、高円寺へ移動。

イメージ 4
ここで普通にE353系でも待つことにしました。

イメージ 5
まさかのここでNEXに遭遇。この時間帯に河口湖発が走るようになったのね。

イメージ 6
3週間前にE351系を撮ろうとしたら危うく被ろうとしてきたメトロ運用が到着。でもE353系は来ません。

イメージ 7
すごい遠くで07系が並びましたが、それでもまだ来ません。

イメージ 8
07系を真正面で撮りますが、それでもまだ来ない。


イメージ 9
それなりに遅れてきたと思ったら、209系500番代が被る!

まぁ、しょうがないですよね。元々メトロ車が被ってもおかしくないタイミングで高円寺通過ですから。


E351系と違って、これで最後とかそういうのではないですし、またリベンジします。




延期になってました中央線快速へのグリーン車投入計画ですが、グリーン車のサービス開始が2023年度末に決定しました!(JR東日本のプレス


最初にグリーン車の話が出た時より、3~4年遅くなりましたが、ちゃんと話がまとまってきたみたいです。


今までのグリーン車と言えば、2階建てで片開2ドアでしたが、中央線用に増備されるグリーン車は2階建て2ドアは同じですが、両開きドアになるみたいです。これで乗降時間の短縮が期待されますね。

そしてちゃっかり、普通車の6号車にもトイレが設置されるみたいです。

グリーン車が組み込まれる前にトイレが設置される車両は、現在の4号車にトイレが付き、付いた車両から19年度から使用可能らしいです。


通勤型のE233系0番代が、グリーン車が組み込まれ、普通車にもトイレが設置され、もうほぼほぼ近郊型じゃねえかと思いますよね。


それに、中央線の高尾までと、青梅線直通の青梅までの列車すべての編成にグリーン車が組み込まれ、なおかつグリーン車サービスの開始が2023年度末ですので、実質2024年。

E233系0番代の営業運転開始が2006年のことでしたので、グリーン車の組み込み終了時点で製造から18年。

もうさ、置き換えれば?

10両固定のT編成はちょっとすぐには思いつきませんが、H編成とか青編成なんて6両とか4両なんで、転属には持ってこいじゃないですか!


んで、肝心の中央線の方にはE235系の近郊タイプとかそんなんでいいんじゃないかな。

というか本当にE233系を改造するのか。いつまで使う気なのか。西日本ならあと20~30年は余裕で使うでしょうから気にしませんが、東日本じゃわからないぞ・・・。

↑このページのトップヘ