2018年02月


特別豪雪地帯を駆け抜ける米坂線は、運転士さんの頑張りによって、20分ちょっと遅れながらも終点の坂町に到着。

まぁ、もともと坂町での乗り換え時間は30分ぐらいあったので、むしろ寒いホームで電車を待つ時間が減ってよかったと思ったんですが・・・・・・

イメージ 1
坂町18:01発→新発田18:23着 羽越本線普通 E127系

乗る予定の電車の1本前の電車が、約50分遅れで入線してきました。このまま発車してくれればすごいラッキーですが、無理無理、だって風えげつないもん。

とりあえず坂町まで来たけど、この先どうする?って感じで、運転士が指令と今後の運転について相談する始末。要は坂町で抑止状態。

まぁ、風を受けない電車の中で待ってられるのはいいんですが、果たして新潟まで戻れるのか不安なものです。

あと電車動かないなら駅の外に出てたばこを吸いたい。けどいつ出るかわからないから駅、いや電車から出づらい。これが一番地味につらかったかな。



途中まで徐行規制を受けながらも、とりあえず運転は再開されました。金塚から先は通常の速度での運行となりましたが、それでもすげぇ風でした。結局新発田には1時間20分遅れで到着。


新発田からは白新線ではなく引き続き羽越本線へ。

イメージ 2
新発田19:49発→新津20:23着 羽越本線普通 キハ40系


新発田~村上間の羽越本線は新発田~新潟間の白新線と一体の運行となっているため、羽越本線の新津~柴田間はちょっと別路線な雰囲気。

電化されてますが、車両は気動車。しかも最近JR東日本じゃかなり数を減らしたキハ40系。しかも新潟色じゃないですか。

イメージ 3
しかも後ろは首都圏色。なんかテンション上がりますね。


遅れている白新線からの列車との接続をしたため、数分遅れて発車となりましたが、この区間は風の規制を受けていないので、30分ちょっとで終点の新津到着。


イメージ 4
The雪国って感じに仕上がってますね。暴風雪の影響でどこの駅もホームまで真っ白。


イメージ 5
SLの街新津を謳ってますが、首都圏の通勤型電車の半数ぐらいも新津生まれなので、電車の街でもあります。


この日最後のランナーも遅延。
イメージ 6
新津20:17発→新潟20:38着 信越本線普通 E127系

信越本線の列車にも遅れが出てました。日本海側の路線はすべて風の影響をもろに受けてたみたいです。

まぁ、この時の新潟、というか北陸と東北の日本海側の地域のほとんどで暴風雪警報が発令されてたレベルですからね。仕方ないさ。そして新津まで来ちゃえば、遅れてても動いててくれればなんとかなるでしょうし。


イメージ 7
冬の日本海側気候の洗礼をもろに受けつつも、なんとかおよそ12時間ぶりに新潟駅に戻ってきました。

画像じゃ全く伝わらないですけど、普通に吹雪いてやがりました。


早くホテルにチェックインした方がいい気もしますが、一度ホテル入ったら出る気しなくなりそうですし、その前にとりあえず飯を。そして散歩を・・・


夜の新潟篇につづく。








イメージ 1
雪に埋もれた(?)E721系が待つ、会津若松駅に戻ってきました。


イメージ 2
会津と言えば赤べこ。あかべえもちゃんと展示されていました。

さて、この後は再び東へ移動。目的地の新潟からどんどん離れていきます。

イメージ 3
会津若松13:27発→郡山14:43着 磐越西線普通 E721系0番代

久しぶりにE721系に揺られて郡山へ。

車内では寝てごまかしてましたが、さすがに腹がへってしょうがないので郡山で飯タイム。朝から軽くサンドイッチ食べただけでしたからね。

駅前で店でも探そうかと思ったんですが、如何せん寒すぎて外に出たくなくなったので、
イメージ 4
新幹線コンコース内の立ち食いそば屋でえび天うどん。小さいながらもエビ3尾まとめて揚げるって珍しいな。

新潟からずっと東に向かって郡山まできましたが、ここまでくると雪はチラついているものの、積雪は無し。

基本的に雪を求めていますので、雪のある方へ。

イメージ 5
郡山15:19発→米沢16:09着 山形新幹線つばさ141号 E3系2000番代

つばさに乗って、板谷峠を越えて再び豪雪地帯へ。

イメージ 6
またまた車窓はこのような景色ばかりの世界に戻ってまいりました。

イメージ 7
米沢もいい感じに真っ白。もはやどこが線路かわからないレベルです。

ここから米坂線に乗るんですが、あまり乗り換え時間はありません。
イメージ 8
この顔面雪だらけのキハ110が米坂線かと思ったらこいつじゃないらしく、完全に雪の積もったホームを急ぎ足でさらに奥の方へ。

イメージ 9
米沢16:16発→坂町18:29着 米坂線普通 キハE120系+キハ110系

つばさの自由席から一番遠いところから発車する米坂線に乗車。

ここから特別豪雪地帯を走り抜けて、新潟県に戻っていきます。



が・・・・・・

突然車窓が荒ぶりだしたんですよね。

ゴゴゴゴゴォって音とともに、窓にものすごい量の雪がぶち当たってくるんですよ。

最初は列車が巻き上げた雪が当たっているだけだと思って、じゃあどんな雪の中を走っているのだろうと思い、運転台の後ろに行くと、そこのは驚きの光景が。

イメージ 10
なんですかこれは!?

全く画像からじゃわからないでしょうが、これ走行中です。


なにがどうなったかわかりませんが、とりあえずフロントガラスには大量の雪が付着。それにより、ワイパーが動かなくなりこうなったわけです。

なお、運転席側は運転士が手動で無理やりワイパーを動かしていたため、運転士には最低限の視野が確保できてたからなんとか運転出来てる状態だったんです。

結局次の駅に停車した時、運転士が輸送指令と話をしまして、フロントガラスの除雪のためいったん運転見合わせ。
イメージ 11
そりゃ、こんなんじゃ運転できませんわ。


いったいどうなったら短時間でこんなことになってしまったのか。


まぁ、この時点では窓に雪が付き過ぎたことが問題だったため、運転士さんによる除雪終了後すぐに運転再開されたんですが、小国を越えて新潟県に入ったぐらいのところで列車は駅でもなんでもないのに停止。

今度は強風による停止でしたね。結局次の駅まで徐行運転。

そしてその後越後金丸かそこらで乗客が乗り込んできたと思ったら、ドアが閉まらなくなったのか、再び運転士さん、寒空の下へ。
イメージ 12
ドアに大量についてた雪が、ドアが開いたことによって崩れ落ちたりとかそんなんの所為で、ドアがしまらなくなったようです。


結局終点の坂町には20~30分遅れての到着となりましたが、そんなことはどうだっていいです。

トラブルが起きるたびに、決して暖かそうには見えない恰好で外に出て、一人で処置してくれたことで、終点まで連れてきてくれた運転士さんに感謝するのみです。


イメージ 13
雪国って大変だなぁと思いつつ、終点の坂町に到着したわけですが、まだまだこんなの序の口。ここから冬の日本海側気候の本気を見せつけられるのでした。

つづく











2週間前、雪を見たいという感情だけで、急遽日帰り弾丸で新潟へ行ってきたばかりですが、ここ最近の雪に対する欲求と、乗りつぶし欲に負けて、再び雪国へ向かいました。行くぜ!新潟!

イメージ 1
大宮7:26発→新潟9:01着 上越新幹線Maxとき303号 E4系

今年早くも2回目の上越新幹線。

季節が季節なんでね、越後湯沢までは自由席の乗車率100%越え。

8両編成だからと言えばそれまでですが、Maxでこれならば、2~3年後に12両編成のE7系に統一されたときはどうなってしまうのか。Maxなら16両編成とかできるけど、E7じゃできないですからね。

イメージ 2
そんなこんなで、わずか1時間半で本日の目的地、新潟に到着。


まだ午前9時ですからね。
イメージ 3
キハE120系がいたので、とりあえず乗りましょうか。

イメージ 4
新潟9:18発→会津若松11:54着 磐越西線普通 キハ110系+キハE120系

キハ110とキハE120の混結編成に乗りまして、新潟を飛び越え一気に福島は会津若松へ!


越後から会津へ、阿賀野川沿いの豪雪地帯を駆け抜けて着いた先は
イメージ 5
これまた豪雪地帯です。



イメージ 6
12年ぶりぐらいに会津若松にやってきました。鉄道で来たのは初めて。

とりあえず会津若松と言ったら鶴ヶ城だろと思って、雪道を2㎞以上歩いて

イメージ 7
なんか真っ白な場所に到着。

なんかやべぇとこに来てしまった感があるんですが、完全アイスバーンの駐車場を歩いて突っ切りながら中へ。

イメージ 8
中には真っ白な城が聳え立ってます。

イメージ 9
姫路城以上に真っ白になってます。非常に幻想的でしたね。

イメージ 10
城の周りもとにかく真っ白。いやぁ、こういう場所に来たかったんですよ!


この時点で雪具合にはかなり満足しつつ、この後駅に戻ろうと思って駐車場の下り坂を歩いていたら、普通に滑って転びましたね。いやぁ、さすがに雪の下り坂は埼玉県民には無理。転んだ時に背負ってたリュックがクッションになったものの、そのせいですべての衝撃が腰に集中して地味にやばいです。



そしてこの後、さらなる豪雪地帯へ・・・・・・・


つづく



イメージ 1
いったいこれは何だ!?と言う感じですが、今日の夕方ぐらいに乗ってた米坂線がこうなりました。

大雪によりワイパーが間に合わず、付着した雪により右側のワイパーは完全に動かなくなり、運転台側になる左側のワイパーは運転士が手動で頑張って、なんとか前方が見えてる状態でした。


そしてこのあとは強風が吹き荒れまして、
イメージ 2
日本海側を走る路線は軒並み徐行運転で大幅な遅延。


イメージ 3
一部の列車で運休が発生しています。


私はなんとか新潟入りして、ちゃっかり地吹雪の中歩いて
イメージ 4
ラーメン東横までしっかり行ってきました。

新潟市内は雪は降ったり止んだりしてますが、とにかく風が強く、体感温度が異常なことになってます。




というわけで、軽く旅行をしているわけですが、これは天候次第で明日の計画大きく変わりそうだ・・・・


大宮に開館して10年が経過した鉄道博物館。

10周年に前後して本館のリニューアルや新館の建設をおこなっていましたが、ついに新館が7月5日にオープンするようです!(JR東日本と鉄道博物館のプレス


まぁ、なにが入るのかよく知らないんですが、E5系の運転シミュレーターとかもあるのね。それはやってみたいかも。


この新館のオープンに合わせて、料金が値上げされます。一般が1300円かぁ。高いってことはないけど、安くはない額ですね。建設費とかすげぇかかってたし仕方ないか。




↑このページのトップヘ