2016年08月

イメージ 1
いきなり美章園からこんにちは。

6月に広島と大阪を訪れましたが、そのときまだ営業運転開始前の225系5100番代の画像ですね。なぜこの車両の写真があるかって?そりゃ7月に大阪に行ってきたからです。

広島・大阪旅行の時は、次いつ連休とれるかわからんし、そうなるといつ大阪・・・というか旅行に行けるのかと申しておりましたね。


しかし、大阪で飲み会やるぞと誘われ、連休ではなく単発の休みながら大阪へ行ってまいりました。

それでちょっと早く大阪入りして阪和線の美章園に2か月連続立ち寄ったわけです。
イメージ 2
先月来たばかりなので、快速が大抵4両編成だということは学習済み。

イメージ 3
まだまだ健在103系。6両で低運って珍しいような。225系5100番代が登場しましたので、いよいよここもカウントダウンが始まりました。

イメージ 4
一度は日中の本数が減ったものの、インバウンドのおかげでまた元に戻った特急はるか。おかげでよく見かけます。

イメージ 5
まさかの8両でやってきた225系5000番代快速。8両ってどのみち後ろまで入りきらないからまあどうでもいいけど。

イメージ 6
地味に置き換え対象の205系。でも体質改善してますし、転属は確実といったところでしょうか。奈良電車区とかに転属してウグイス色の205系復活も見たいけど、明らかに編成数が足りないんだよな。

イメージ 7
これはこれは、683系・・・じゃなくて289系くろしおではないですか。北陸新幹線開業関連でいろいろあって、しらさぎ用の683系が直流専用となって、形式も289系と変わり、381系を置き換えるためにやってきました。

やはり美章園で見るのは違和感がありますね。

イメージ 8
またまた225系5000番代。いずれ阪和線は223系と225系のみになります。それはそれで寂しいかも。

イメージ 9
最後に103系高運転台。この姿を見れるのも、そう長くはないと思うと非常に悲しいです。やっぱりまた来るしかないよなぁ。

とりあえずこの日はこれで撮影終了。

この後大正で騒ぎ、そして心斎橋で知り合いと合流して呑んでました。


そして翌日は仕事なんですが、そのまえに色々話題のものを撮りに行くのでした・・・


つづく

東福寺で降りて撮影地と言えばいつもの場所なんですが・・・

イメージ 1
すげぇ雨。

この旅行、3日連続で雨ですよ。それも駅撮りならまだしも、屋根もなんもない沿線撮りでこの雨って。初めてサントリーカーブに行った時もゲリラ豪雨のすげぇ雨で、結局適当に1枚撮ったところで諦めましたが、今回はちょっと粘ります。


イメージ 2
ここで見るのはちょっと珍しい気もする221系。しかもリニューアルしてないのか、前照灯はシールドビームのままじゃないですか。

イメージ 3
雨がどんどん強まる中現れた223系2000番代新快速。

さすがにこれだけの雨はちょっと辛いですね。ということで、粘るとかいいつつ15分ちょっとで退散。


あとは新幹線で帰るだけですが、

イメージ 4
ちょっとだけ寄り道。

イメージ 5
東本願寺。有名な寺ですが、実は訪れるのは初めて。京都駅から近く、アクセス抜群なのに、なぜか修学旅行の自由行動でも行かなかったな。なぜか金閣寺と嵐山と伏見稲荷を数時間で回る無謀な企画をしたっけ。班のメンバーが行きたいといった場所全てを回れる行程を作りましたね。懐かしいな、中学の修学旅行。いい思い出しか出てきません。

あ、東本願寺でしたね。

特に歴史に詳しくない私は、そのネーミングのブランド力と駅からそこそこ近いってだけで来てしまいましたが、とりあえず本堂で正座してました。おそらく他の人は精神統一とか何かに祈りを込めたりするんでしょうけど、私はひたすら畳と木造建築の匂いを堪能しておりました。ばちが当たらないことを祈ります。

イメージ 6
さて、そろそろ帰りましょう。

なぜか木造建築物を堪能しまくりのこの旅もついに終わりを迎えます。

その前に、
イメージ 7
奈良線の103系を最後に1枚。だって本当に次いつ来れるかわかんないし、そのとき103系がまだ走ってるかも疑問ですし。それぐらい長期間来れないことを覚悟してるんです。

そしてラストランナー
イメージ 8
京都16:05発→東京18:23着 東海道新幹線のぞみ238号 N700系

時間的に少し早めではありますが、最後に新幹線に乗って、家に帰らせていただきました。


本当に次いつ2泊3日の旅行をできるのかわかりません。少なくとも、一人旅で2泊3日も使うことなんてしばらくしないんじゃないかなぁ。一人旅のために有休使うのももったいない気もするし、でもそうしないと旅行なんて無理だし。

そんな、ここまでまともな一人旅は、最後になるかもしれないという今回の旅だったんですが、天候には恵まれなかったものの、充実はしていたかなと思います。晴れてたらもっときれいなんだろうなと思う景色がたくさんあったのも事実ですが(笑)


また機会があれば、もう一度訪れたい場所がたくさんでしたし、もう一度訪れるためにも、頑張って働こうと思います。



広島・大阪旅行2016 完




イメージ 1
京都に着くと、スーパーはくとのHOT7000系がいました。

ちょうど回送列車として発車するところだったんですが、
イメージ 2
貫通タイプの先頭車もあるのね。たぶん初めて見ました。でもこんな感じの顔の車両、どっかで走ってなかったか?

イメージ 3
117系2色が並んでいました。そういえば117系を引退させる気ってないのかな。JR西日本から国鉄型が消える日なんていつになるのやら。

イメージ 6
一瞬だけ外に出て京都タワーでも撮ってみました。道行く人を見ればわかりますが、この日も雨ですよ。


イメージ 4
みやこ路快速で東福寺へ。

イメージ 5
後続の各駅がすぐ後に来たんで1枚撮りました。アジサイでも写ればいい感じの写真になりそう。

このあと、いつものあの撮影場所に向かうのですが、雨は強さを増すばかりでした・・・・


つづく



イメージ 1
浅香から各駅に乗って天王寺へ。せめて各駅の本数が多ければ、浅香も美章園並みのペースで来れるんですけどね。いかんせん天王寺からここまで各駅しか止まらないうえに、15分に一本しか各駅がないと結構時間に余裕がないと来れませんからね。

イメージ 2
天王寺では、いつものうどん屋に寄って、鶏天うどんを食べました。この旅行、尾道ラーメンから始まり、宮島で食った牡蠣以外、ほぼ小麦粉しか食ってねぇや。

イメージ 4
天王寺から関空・紀州路快速で大阪へ。


イメージ 3
実は環状線ではもう先の長くない201系を撮りました。323系が登場したら、大阪環状線からは去りますが、果たして転属はあるのか。他路線にまだまだ残る103系でもつぶしにかかるのか。それともそっちは別の車両に任せてちゃんと引退となるのか。まだまだ関西も気になることだらけですね。

イメージ 5
そんなこと考えてたら外回りには103系が。まだいたのかよ!来るたび来るたび環状線の103系の数が減っていたので、さすがに次来るときはもう見れないかなとほぼ毎回思っているんですが、なんだかんだで見かけます。


イメージ 6
京都線・神戸線の207系の並び。いつもの光景ですが、次いつ来れるのかなと思うと、こういうのも撮りたくなってしまうものです。

イメージ 7
ちょっと名残惜しみながらも、時間は待ってくれません。新快速に乗って次は京都を目指します。

つづく

前日遅くまで語り合っていた(?)ため、3日目の朝はちょっと遅め。起きるのが遅いうえに、朝風呂入ってゆっくりしてましたからね(笑)


イメージ 1
この日はまず御堂筋線に乗って、天王寺を目指します。

イメージ 2
阪和線の103系に乗って、恒例の場所となりました美章園へ。

イメージ 3
ついてすぐに、まだ準備もできてない段階で、関空・紀州路快速がやってきて、見事に失敗するのももはや恒例行事。

イメージ 4
このカーブで287系くろしおを撮るとほぼ白い部分しか写らなくてなんか不気味なのも恒例行事。

イメージ 5
区間快速は勝手に8両だと思い込んで構え、いざ来てみるとそういえばほとんど4両編成だったねと気が付くのも恒例行事。

イメージ 6
103系が来るときは気合が入りすぎて失敗するのも恒例行事。これだけ来てるんだからいい加減学習しろって感じですよね(笑)


イメージ 7
やっぱ103系が走る光景ってなんかいいですね。そして車掌さん、なんかすごいまじめに働いてる感でてますね。

イメージ 8
281系はるか。こいつもほぼ白塗装ですが、スカートが青い分、287系ほど不気味にはならないんですよね。287系も683系の貫通型のような場所に緑のラインでも入れれば印象が全然違うのに。


イメージ 9
223系0番代は最近あまり見かけなくなった転落防止幌のないタイプ。

このあとちょっと休憩を挟みます。

イメージ 10
その次の区間快速も223系0番代でしたが、今度は転落防止幌付き。見慣れてきたものの、やっぱり着いてないのと比べると、変な感じがしますね。

イメージ 11
こんどの103系はなかなかいい感じに色あせてました。どうせボロい車両ですので、これくらいの色褪せ具合ならそれもそれでありだと思います。

これに乗って、今度は浅香へ。

イメージ 12
ここもここで、結構よく来るポイントになりました。

イメージ 13
287系はやっぱり側面がはっきり写った方がよく見えますね。つまりはっきりとは写ってないこの写真じゃまだまだですね。果たして287系を綺麗に、そしてまともに見える撮影ポイントは阪和線内にあるのか。もう少し引き気味で撮ればよかったのかな?

イメージ 14
今日はよく見かけます、0番代。電車でGo!だと、この形式は運転しやすいですよね。

イメージ 15
光学ズームとデジタルズームをフルで使い、さらにトリミングしたこの画像。杉本町ですれ違う103系と、103系を抜かしていった281系はるか。

イメージ 16
そして大和川の鉄橋を越える103系。これだけ103系が活躍している阪和線ですが、その時間もあと少しと言ったところでしょうか。さみしいものです。

イメージ 17
最後に223系2500番代の関空・紀州路快速を撮って、次の各駅停車で天王寺に戻るとします。


つづく。


↑このページのトップヘ