2015年01月

以前から2016年度までの株式上場を目標としてきたJR九州。

この度JR九州の収益力が付いてきたということで、2016年度中に鉄道運輸機構が保有するJR九州株を全て売却して上場させ、完全民営化させると国交省が決めたそうです。


あとは通常国会にJR法改正案を提出して、法律書き換えればほぼ決定的といった感じでしょうか。


すでに完全民営化されているJR東日本、東海、西日本とは異なり、採算の厳しい路線を多く抱えている中、鉄道以外の事業の好調ということもありますが、企業努力が稔ったということでしょう。

来年には距離が短いながらも新幹線が開業するJR北海道も、九州に続けると良いんですが・・・・・・・。

(情報元:NHK


イメージ 1
秋田駅から四ツ小屋、和田と続いて3駅目に位置する大張野駅。
 
県庁最寄駅からわずか3駅と言う立地は、他県でいうと石川町とかさいたま新都心とか新検見川とか、京橋とか向日町とか灘とかが該当するんですが、それなりに栄えているところばかりですね。
 
でも大張野駅は、
イメージ 2
人の気配を感じさせません。
 
大張野駅は無人駅で、さっき乗ってきた電車はワンマンだったので、一番前から降りなければならないのですが、先頭に向かう途中、乗客が「え?お前降りるの?」って目で見てきたもん。運転士も運転士で「正気か?」って目で見てきたもん。
 
人生初のワンマン列車で無人駅降車がそんな思い出になってしまったんですが、とにかく人の気配がありません。
 
イメージ 3
ホームから外を覗くとこんな感じ。なぜこんなとこにいるのか、自分でもわからない・・・・・・。
 
 
イメージ 4
駅舎はこんな感じ。駅舎は意外と綺麗です、外観は。
 
駅舎の向かい側には一応民家があり、そこに自販機が設置されています。なお、この自販機以外この駅周辺で飲食物の購入できる場所はなし。なんでこんなところに駅ができたんだ?
 
 
イメージ 5
雪で駐輪不可能な駅前駐輪場。仮に雪が無くても、ここに自転車を止める需要は果たしてあるのだろうか。
 
 
イメージ 6
おそらく池だと思うんですが、完全凍結状態です。これでどれだけ寒いかわかっていただけるでしょう。
 
 
イメージ 7
ちょっと歩くと再び開けた景色。
 
あっ、
イメージ 8
ちんたらしてたら、電車行っちゃった・・・・・・。
 
 
つづく

イメージ 1
こまちに乗って1時間半。秋田新幹線の終点秋田に到着。
 
 
秋田に着いたのはいいんですが、1時間でどう観光しろと?
 
盛岡と一緒で、そんな短時間で行って帰ってこれる場所に、そんなに行きたいところは見当たらず。
 
 
イメージ 2
とりあえず駅舎を撮影してみたり、
 
イメージ 4
Suicaに対応していない自動改札なんて久々に見た!とか思って、駅員に変な目で見られながら自動改札機の写真を撮ってみたり、
 
イメージ 3
よくわかんないけど飾られてたD51の鼻(?)を撮ってみたり、
 
 
イメージ 5
男鹿線の車両は味があるなぁと思って撮ったけど、よくよく見ると普通のキハ40だったり。
 
そんなこんなで時間を潰しまして、再び移動を開始します。
 
イメージ 6
秋田10:22発→大張野10:40着 奥羽本線普通 701系
 
【ミニコーナー!】秋田車両センターで休む車両たち。
イメージ 7
リゾートしらかみ青池
 
イメージ 8
583系。
 
以上。近すぎて走行中じゃ無理でした。
 
 
秋田駅を発車して20分弱。次の目的地
イメージ 9
大張野駅に到着しました。
 
 
つづく

イメージ 1
時間も近づいてきたので新幹線ホームへ。
 
イメージ 2
併合50mの看板。下のMAX100mは、MAXの併合位置まで100mを意味しております。今となっては、MAXは盛岡どころか、東北新幹線すら入線しません・・・・・・。
 
イメージ 3
ちゃっかりE6系専用の標識も登場。ここにもMAXの表示あり。大宮の東北新幹線下りホームにも、12両編成停目が残っているように、意外とこういうのってしばらく残るんですね。
 
ここから私が乗車いたしますのは、
イメージ 4
盛岡7:58着→秋田9:32着 秋田新幹線こまち95号 E6系
 
初の秋田新幹線に乗車させていただきます。E6系に乗るのも初めて。これで現在走っている新幹線車両全形式制覇です。
 
盛岡を出発したE6系は、分岐器があるというのにグングン速度を上げ(一応新幹線用の番号の大きいものだしね)、
イメージ 5
東北新幹線と別れます。
 
速度をグングン上げとか言いますけど、ここからはあくまで在来線ですので、極端に早いわけでもありません。
 
まあしばらくは市街地でも走るのかなと思っていたんですが、盛岡出発からものの数分で
イメージ 6
こんな感じの車窓となりました。白銀の世界に川。絵になりますね。
 
イメージ 7
水墨画のような景色が流れていきます。
 
イメージ 8
写真じゃ伝わらないんですが、川の水もとても透明度の高いものでした。
 
イメージ 9
角館に停車。秋田内陸縦貫鉄道の始発駅です。
 
 
イメージ 10
AN8800形。電車でGoだと、角館出発後に秋田内陸縦貫鉄道の列車とすれ違いますが、実際は1日10本しかない路線ですので、すれ違いなんてほとんどないと思われます。
 
イメージ 11
角館の近くの川。電車でGo!だと、角館手前の75㎞制限の予告が点滅するあたり。今回の旅行記は、水曜どうでしょうか電車でGo!のプレイ動画でも見ながらご覧いただいたほうがいいかもしれませんね(笑)
 
イメージ 12
この辺りまで来ると景色が開けてきました。
 
大曲で方向転換し、そこから30分ほど乗車しまして、ようやく到着。
 
イメージ 13
目的地、秋田!
 
 
つづく

こんばんは、超特快です。
 
というわけですね、1月のど平日の閑散期に、秋田まで行ってまいりました。
 
 
今月中旬の私に降りかかったある出来事からの気晴らしのための旅行という設定のつもりだったんですが、結局はパチンコ資金で行くことになった秋田。
 
 
元々秋田には行きたかったんでね、気晴らしというのはこじ付け。
 
 
そんなわけで、7年前の大阪旅行以来の冬の鉄道旅行スタートです。
 
 
 
雪の舞う関東地方。バイト終わりの夜中に私が降り立った地は池袋。
 
ヤマダ電機裏という微妙な場所で、私が待っていたものとは
イメージ 1
池袋駅東口9番23:59発→盛岡駅東口1番6:55着 ドリーム盛岡・らくちん号
 
ドリーム盛岡号・・・・・・別名らくちん号。「水曜どうでしょう」がお好きな方は、耳にしたことがあるんじゃないでしょうか?
 
サイコロ旅で何度か名前だけ出てきています。結局「らくちん号」の出目を出すことはありませんでしたが。
 
 
1年半ぶりの夜行バスに乗車となるわけですが、今まで私が乗ったことがある夜行バスは、全てJRバス。
 
 
しかし、今まで乗ってきたのはJRバス関東かJRバス西日本。でも今回はJRバス東北。
 
 
JRグループだから、特になにも変わらないような気もしますが、素人でもわかる決定的な違いがあるんです。
 
それは休憩の有無。
 
 
それこそ、東京~大阪を結ぶ青春ドリーム号とか超特割青春号を利用していた時期は、足柄SAとか土山SAとか、バカみたいに利用したわけですが、JRバス東北は基本的に乗客の休憩は無し、乗務員の交代と休憩はするけど、乗客は一切外に出さない方針。
 
「水曜どうでしょう」の5周年記念!3夜連続深夜バスだけの旅に出てきたラ・フォーレ号と同じ、JRバス東北の運行、休憩無し。
 
池袋から盛岡駅前まで、約7時間の監禁状態。
 
 
まあ、いつもの4列シートではなく、3列シートなので、幾分楽であろうと思ったんですが、結局前後の狭さは一緒だし、どうしようもなかった。
 
まあ文句を言ってもね、せっかくの久々の夜行バス・・・・・・いや深夜バスなので、今宵は1/6の夢旅人を聞きながらゆっくりと北へ・・・・・・。
 
 
無理でした。所謂逆浦島現象をもろに体験しながら、ズタボロになりつつ、ようやくバスは盛岡へ。
 
イメージ 2
約13年ぶりに盛岡に降り立った喜びより、7時間ぶりにバスから解放された喜びの方が大きかったです。
 
 
イメージ 3
そこそこ雪の積もった盛岡。私が喫煙所に向かってまず最初にやったのが、
 
イメージ 4
ペプシを雪にぶっ刺しました。埼玉で積雪があったとき、その深さを伝えるために、同じことをよくやりましたが、今回は違います。
 
 
というのも、ドリーム盛岡号に「いろはす」と「ペプシ」を持ち込んだんですが、如何せん車内はクソ暑く、特にドリンクホルダー付近に吹き出し口があるのか、いろはすは最早ただのお湯となり、ペプシもペプシで体温より高くなり、とてもそのまま飲めるものではないので、とりあえず効率よく冷やす手段がこれでした。
 
この後横向きにして、雪で埋もれさせたのは言うまでもない。
 
 
 
とりあえず、朝7時台に空いている店なんて限られるので、全国どこにでもある松屋に来店。なんかえらい久しぶりにプレミアムじゃない牛めしを食す。なんつーか、こんなジャンキーな味だったっけ?
 
 
中途半端に時間があるので、在来線ホームで撮影。
 
イメージ 5
キハ110形天国と化しておりました。701系は何処へ?と言った感じですが、左が山田線、右が花輪線からの直通列車みたいです。
 
イメージ 6
IGR7000系。青い森鉄道の車両は何度か見たことがありますが、IGRってそういえば初めてです。盛岡ってずっと通過してばかりでしたし・・・・・・。
 
 
イメージ 7
電車でGo!プロフェッショナルでおなじみ、田沢湖線の701系5000番代。
 
田沢湖線ホームですが、
イメージ 8
E3系の乗車位案内が残されていました。大曲の花火の時など、盛岡始発の「こまち」はこのホームから発着となることがあるみたいですが、E3系はもう来ないんでしょうね。
 
適度に時間も潰せたんで、そろそろ目的地に向かいますか・・・・・・。
 
 
 
つづく。

↑このページのトップヘ