2014年03月

 
 
広島と大阪の旅行記をようやく書き終えました。
 
 
ということで、そろそろ次の旅行も考えませんとね。
 
ただ、今回の旅行を終えて思ったことは、そろそろ低予算で日程を組むのが難しくなってきたかなぁということ。
 
 
自分の中では、学生のうちに、行ける限りでいろんなところを訪れたいと思っているんですよね。そしてそのついでに、乗れる限り乗りつぶしもできればいいかなぐらいの感覚なんです。
 
今回の広島もそうですが、行きたい場所やまだ訪れたことのない場所というのが、非常に遠い場所になってきているんです。
 
 
行ったことない場所を攻めるとしたら、次は山陰か四国(高松だけは昨年行きましたけどね)。
どちらもサンライズを有効活用すれば楽に行けそうですが、移動距離や指定席特急券、そして一度の旅行で一辺に回ろうとすると、さらにお金と時間がかかりますからねぇ。かと言って何度かに分けて行くのも大変ですし。
 
もう一つ問題なのが、山陰も四国もサンライズで一本ですが、どっちも地域間の移動が大変ですよね。本数少ないですし。となると、長期休みでないと行けません。
 
 
せっかく暖かい季節になりますんで、その前にどこか行けるだろう。でもどこに行こうか。
 
 
そう思って、とりあえず乗りつぶしオンラインを開きました。
イメージ 1
これ見て気が付いたんですが、そういえば中央線ってまだ小淵沢までしか乗っていないんですよね。
 
中央線経由で名古屋まで5時間。結構掛かりますね。
 
スーパーあずさとしなのを使ってこの時間。リニアが開通すれば40分なんですけどね(苦笑)
 
 
5時間乗りっぱなしは辛い。どこかで途中下車をしよう。でもどこで?
 
そう思っていたら、いっそのこと長野に寄ってしまうか、という考え誕生。
 
この場合、乗車券は東京都区内→長野、長野→名古屋と2枚必要になり、結構お値段も高くなるでしょうが、これなら一辺に2都市を回れていいかな。
 
 
そんなわけで、次は多分長野と名古屋。か、昨年からずっと言ってる秋田。

日没が近づいてきたので(というか、寒すぎて辛くなってきたので)、島本での撮影を終わりにし、京都へ向かいます。
 
 
イメージ 1
 
京都から新幹線に乗って帰る予定なんですが、時刻は6時ぐらい。もう少し滞在できる時間があります。
 
そしておなかが空いてくる時間でもありますね。
 
京都で食べ物と行ったらなんでしょう。京野菜とかかな。でも野菜メインではすまない程度に腹が減っています。
宇治抹茶のお菓子とかもすきですけど、あれはデザート系ですよね。腹は満たされません。
 
 
意外とピンとこないですよね。というか、今さら京都にこだわる必要もないですよね。年1回以上のペースで来てるわけですし。
 
というわけで、今宵の晩飯は、
イメージ 2
越後秘蔵麺 無尽蔵
 
結構おいしいラーメン屋です。
 
昨年は西武ドームに出店していて、何度か利用したことがあるんですが、球場と言えば高い値段から微妙な味orボリュームというパターンが多いんですが、この店は球場にしては高くない、そしてうまいラーメン屋でした。
 
ちょうど旅行の一週間前ぐらいに急にラーメンが食べたくなって、この店近所にないかなぁと思ったときに、関西地区にもあることが発覚。さすがに行くことはないと思っていましたが、来てしまいました。
 
あっ、ちなみに今シーズンは、西武ドームの出店なさそうですね。ライオンズのHPに載っていません。こりゃ残念です。
 
イメージ 3
店を出て、京都タワーの方にやってまいりました。空は真っ暗ですね。そろそろ帰りましょうか。
 
とか言いつつ、奈良線のホームへ。
イメージ 4
そういえばこの路線の103系は置き換えられる気配がないですね。他線ではそこそこ数を減らしていると思うんですが・・・・・・。下手すりゃ103系の最後は広島じゃなく奈良線か?
 
イメージ 5
今回の旅行で、ウグイス、オレンジ、スカイブルー、そして黄色(カナリアイエローではない)と4色も見ているんですね。これでエメラルドグリーンとまでは言わなくても、魔緑でもいいんであったら、もう完璧でしたね。
 
なんだかんだでまだまだ103系は見れるんだということがわかり、なんだか一安心しましたよ。
 
 
さっ、時刻は19時を回っております。そろそろ帰りましょうか。
 
イメージ 6
京都19:16発→東京21:33着 東海道新幹線のぞみ50号
 
さすがに自由席は空いてないかなぁと思ったんですが、名古屋でそこそこ降りたんで、2人掛けの窓側をゲット。気が付いら爆睡しておりました。確か小田原通過のときのアナウンスで起きたんだっけかな?
 
品川を発車して、もうすぐ東京だというタイミングで喫煙ルームへ行ったのはここだけの話。(みんな考えることは一緒なんですね。結構込み合っていました)
 
 
往復2000㎞を超えた春の大旅行。最後のランナーは普通のN700系だと思っていたんですが、
イメージ 7
N700Aでした。JR東海最新鋭の車両ですね。従来車との違いは、全然判りませんでしたが。
 
寝台特急に革命を起こした285系に始まり、国鉄を代表する103系や113系、世界記録を作った500系、そして最後はN700A。いろいろな車両に乗りましたね。
 
時間的にも比較的余裕を持った行動ができましたし、久しぶりに充実した旅行となりました。かなり金は吹き飛びましたが、それだけの価値はあったのではないかと思っています。
 
 
 
大阪広島旅行2014春 ~完~
 
 

 
島本駅のホーム京都寄りから、大阪方面の快速線を通過する列車が撮影できます。
 
新快速や特急列車、貨物列車と、多様な車両が通過します。緩行線の列車は、真正面しか写りません。
 
 
被り率がちょっと高いかなというのが正直な感想。ただ、微妙な時間帯に撮ったので、あまりこの意見は参考にならないかも。
 
午後が順光です。

 
相鉄の労組がストライキをやるみたいですね。ちょっと前から、そんな話を小耳に挟んでおりましたが、3時現在、未だに回避という情報はなし。
 
ストが決行された場合、相鉄線の全線と、相鉄バス旭営業所の路線が始発から運休になるそうです。
 
 
私なりにこの件に関する相鉄側の見解を説明させていただくと、景気は回復してるんだろうけど、鉄道の利用者は減り続けているし、だから東急とか湘南新宿と繋げて利用者増やしたいけど、連絡線の工事で金掛かってるし、しかも羽沢の工事難しいし、とにかく今うちの会社大変なの!賃上げ?出来ねぇよ!とのこと。
(ゆとりの戯言です。気にしないでください)
 
 
日本は人口減少期に突入し、鉄道の利用客も減少している中、JRや東急との直通で沿線価値を向上させようと頑張っているなか、賃上げは厳しいと。
 
でもその直通にかかる費用は莫大なものであり、また直通先は両社ともすでに過密ダイヤが組まれているため、それほど直通本数は多く設定できないでしょうし、費用対効果は薄いのではないかと私は思っています。
 
 
そういえば、どこぞの私鉄も沿線価値向上を目指しているところがありましたね。そこの路線は新型車を導入したかと思えば、なんかアーバンパークラインとかいう沿線民の度肝を抜いた愛称を付けたところがありましたね。
 
でもあれなら費用はそこまで嵩みませんね。
 
というわけで相鉄さん、本線が海老名と横を結んでいるんで、ロブスタービーチラインとかいかがでしょうか?
 
 
え?お前相鉄をなめているのかって?ビーチって言ったって、海沿い走ってない?ロブスターとかぶざけているのかって?
 
スカイツリーラインって言っても業平橋近辺しか関係ないうえ、多くの人が北千住乗り換えor半蔵門線へ直通に乗っているんですが?
アーバンパークのパークはともかく、アーバンって都市のとか都会のって意味なんですけど、野田線の沿線風景知ってます?
 
 
相鉄どころか、神奈川県すら関係ない話になってしまいましたが、終日運休になるかまだわかりませんが、そろそろ始発からの通常運行は難しいと考えた方がいいかもしれませんね。
 
スト自体に文句はありませんが、沿線にお住まいで相鉄利用者の方々、長旅になりそうですが、仕事や学校頑張ってください。

イメージ 1
大阪から新快速に乗って、高槻にやってまいりました。
 
新大阪で新幹線に乗り換えて、そのまま帰る予定だったんですが、少し時間に余裕がありましたので、ここから各駅停車で1つ隣の島本へ向かいます。
 
イメージ 2
画像圧縮したんで、わかりにくいと思いますが、なにかが降っています。
 
何かが降っている島本で、日没前まで撮影をしました。
 
イメージ 3
普段撮ることのない貨物列車ですが、今回の旅行で2回目ですね。そして、この時は一旦止んでいたんですよね、
 
でも次の電車の時は結構すごかった。
イメージ 4
なんか普通に雪降ってます。そんでもって、この日は強風で、目開けにくいわ、首周りから雪入り込むわ、ぶれるわボケるわで、なんかすごいことになっていました(苦笑)
 
イメージ 5
次の新快速は比較的落ち着いてとれましたよ。
それにしても大阪で雪が降るなんてね。別に珍しいことではないですが、今年はもう見れないと思っていましたし。
 
イメージ 6
サンダーバード。気が付いたら雪は止んだものの、結構いい時間なんですよね。
 
イメージ 7
ハイビームにされると、ピントとシャッター速度の調節が酷いことになるんですよね、今のデジカメ。
 
イメージ 8
特に通過速度の速い新快速はそろそろ厳しくなってきました。
 
よって、そろそろ西日本とのお別れの時間も近づいているようです。
 
つづく

↑このページのトップヘ