2012年09月

 
 
小鶴新田駅より、徒歩10分かからない程度。歩道橋の下あたりです。地図はこちら
 
 
2枚とも画像がクソですが、まぁ、参考程度ということで。
 
 
逆光なのが東塩釜方面の列車。午前中なら順光でしょう。反対側は完璧な構図ミスですね。言い訳できません。
 
 

私に牙をむいた701系。
 
だってこの写真の編成、仙台では福島行きだったのに、福島に着いたら前の車両を切り離したのち、郡山行きになったんだもん。
 
せっかくクロスで爆睡しながら移動しようと思ったら、仙台駅で701系が入線してきて、まぁ福島から先はなんとかなるだろうと思ったらこれ。
 
ロングシートの方が慣れてますから、別にいいんですけどね。
 
 
本来なら寝る予定だったものの、久しぶりの区間ということもあってか、結局起きていましたよ。
 
 
 
福島駅で同じ701系に乗ることがわかり、「おいおい、それはないだろ(笑)」と思っているときにやってきた車両。
イメージ 1
臨時列車ですね。ただ、私的につばさは新幹線のイメージしかありませんので、深くは追求しません。だからと言うわけではないけど、この画像だけ携帯で撮ったものです。デジカメ調子悪くて。
 
 
郡山に着いたら、こんなのに再開しました。
イメージ 2
もともと東武線直通の特急だった485系です。塗装はそのままで、あかべこのラッピングがされています。
 
イメージ 3
あかべこじゃないのもラッピングされています。こいつの正体はなんだ?
 
そして初めて見ました、水郡線キハE130
イメージ 4
ちょっと遠めですがね(苦笑)
 
郡山方は本数少ないんですよね。
 
 
こちらは磐越東線。
イメージ 5
こちらはまだ乗ったことないです。というか、今回は山形経由で仙台入りしましたが、いわきまでスーパーひたちで行き、磐越東線経由というルートも候補にあったんですが、本数少ないからね。時間の関係上やめました。
 
 
そして旅のフィナーレ。
 
イメージ 6
異様にガラガラのなすので帰りました。
ここからずっと下で帰ってもよかったんですけどね。せっかくですから。
 
本当はほぼ日帰り状態になるはずだったんですが、予期せぬ出来事があったため、久々に東北の路線を少しながらも乗り継いで旅することができました。
 
新幹線に乗り過ぎたため、金銭的にはこの後厳しくなりましたが(笑)、いい思い出になりました。
 
 
でも、今度またやるかどうかは未定です。(さすがにネットカフェに泊まるのはもう勘弁)

 
早朝の仙台。
 
眠気でフラフラの中、頑張って2時間も時間をつぶし、初電で長町へ。
 
 
イメージ 1
5年ぶりに訪れたこの地。
 
駅前は前来た時とそれほど大きく変わっていない気がするのは気のせいか?
 
 
とりあえず、仙台方からは昔撮影したことがあるんで、今回は反対側から。
 
 
721系。前日仙山線でも乗りました。こいつの導入で、わずか1年ぐらいで仙台地区から国鉄型がほとんど消えましたね。あれには驚いた。
 
イメージ 2
701系。ロングシート車です。確かに電車なんて、仙台周辺では通勤通学、その他では通学利用がほとんどでしょうから、セミクロスよりこっちの方でもいいのかもしれない。
 
でもこの701系、このあと私に牙をむきます。だって、
イメージ 3
このあと郡山までずっと701系だったもん。
 
もちろんロングシートです。
 
 
つづく。

夜行バスで帰るという手段を無くした私。
 
 
そりゃ、新幹線で帰るとかそういう手段もありますが、いろいろ問題がありまして・・・・・・。
 
 
そんなわけで、気にせず仙石線に乗りました(笑)
 
 
とりあえず小鶴新田まで行き、
イメージ 1
ブログ用に撮影タイム。逆行なんて気にしない!とか思いましたが、普通に気になります。午前中ならよさそうですね。
 
反対側。
イメージ 2
失敗したから後続を、と言いたいところですが、暑いのでやめました!
 
この日の朝、自宅を出るときに、普段通りの夏の服装の私に対し、「仙台寒いよ」とか親が言ってきたため、一応薄めの上着を持っていこうかと思ったんですが、馬鹿らしいと思って置いてきて正解。
確かにその日の朝肌寒かったし、3週間前に行った北海道なんか夜とか普通に寒いレベルに達した時もあったけど、さすがに仙台じゃ関東とそこまで変わらんわ。
 
で、まぁこの後と言えば、
 
イメージ 3
イメージ 4
野球を見に行ったんですが、どうせここに何かの間違いでアクセスしてきた人の大半が鉄ちゃんでしょうから、この辺は後日、普段の5倍も自己満足な記事を書くことにしましょう。
 
 
試合終了後は
仙石線で仙台に戻り、(画像は5年前、JRの敷地外から)
 
私が行った先はネットカフェ。
 
 
生まれて初めてネットカフェに宿泊(?)
 
こんな初体験、全然嬉しくないね。
 
 
 
とりあえずネットカフェでは翌日の帰る方法を考えたり、仮眠をとったり、なぜかBLEACHの尸魂界にすら行っていない懐かしいやつを見たりしてました。というか「ソウルソサエティ」で変換したら一発で「尸魂界」って出たんだけどなぜ?(パソコンで「そうるそさえてぃ」って入力すること自体初めて)
 
 
 
そしてAM4:00過ぎ、ネットカフェを出る。
 
まだ人もほとんどいない仙台駅前。どうしろと?
 
ちなみに画像は5時半ぐらいに撮影。午前4時じゃ駅はあいてたけど、電車なんて北斗星が50分後ぐらいにやってくるぐらいだし、空は真っ暗。
 
 
つづく。
 
 
 

 
仙台に行くというのに山形に到着。
 
土日きっぷ時代なら、新潟から米坂線とか使って山形を経由して仙台に行くっていうのも簡単なことですが、あの切符もなくなり、しかも普通の乗車券と新幹線特急券でやってくるというバカ、超特快です。
 
でも、親の脛かじっていません。ちゃんと自分で稼いだ金ですよ。
そんな一般人から見たら金をドブに捨てたような旅。
 
 
山形から仙山線で仙台に行くんですが、乗り換え時間が結構ある。
 
せっかくなんで下車。
 
 
・・・・・・したんですが、山形駅から山形市の中心地ってちょっと離れているらしく、駅前は綺麗なんだけど活気がない。
だってパチンコ店すら、静かな感じしたもん。
 
次回来るときはもっと時間を作って、中心街にも行ってみたいです。
 
 
さぁ、適当に腹ごしらえして駅に戻ります。
 
イメージ 1
左沢線・・・・・・じゃなくて、
 
 
イメージ 2
仙山線で目的地仙台へ。
 
途中山寺に止まったんですが、本当に山寺近いのね。画像あればいいんですが、あいにく反対側の椅子に座っていたし、交換列車にピカチュウとかのプリント貼ってあってそっちも無駄に気になったんで・・・・・・。
 
 
そんなこんなで仙台到着。
 
着いてすぐに高速バスのターミナルへ。
 
 
え?
東京方面の夜行は満席!?
 
 
帰る手段を無くした超特快。つか、この先どうするんだ!?
 
 
つづく。

↑このページのトップヘ