2011年03月

 
直流電動機ブラシを製造する工場が被災した関係で、一昨日にJR西日本から列車本数削減の発表がありましたが、結構詳しめなのが今日発表されました。
 
 
ざっと流し読みしたんですが、路線によっては、データイムの運転本数が半分になったり、和歌山線なんかデータイムの運行無しという、まるで鶴見線の大川駅みたいな状態になるみたいです。
 
また、編成両数を減らしたりする列車もあります。その中には、特急列車も含まれていますので、利用になられる方は、注意が必要です。
 
 
ただ、通学に影響がでないように、その辺りはしっかり対応しているみたいで、金沢支社の路線では、臨時に通学の時間帯に521系や気動車を運行させるみたいです。
今回不足してしまう部品は、直流モーターを使用する列車の部品なので、交流モーターを使用する521系等の使用や、そもそもモーターを使わない気動車を運転させるのはかしこいですね。ただ、そんなことできる路線は、結構限られてしまいますけどね。
これは学校側から見ても助かりますね。生徒が登校できないと言われたら、授業ができませんからね。
 
 
かなり不便になると思いますが、しばらくは辛抱するしかないですね。
 
 
日本人のほとんどが不安だらけだと思いますが、この試練を乗り越えて、災害に負けない国になれたらと思っています。
 

イメージ 1

潮見駅の蘇我よりのホーム先端から、東京行きの電車の撮影ができます。

終日逆光で、先端付近には屋根が全く無いので、曇りの日がおすすめです。


また、望遠の有無や、立ち位置次第で、信号などが邪魔になるなど結構厄介です。



カーブの感じだけ見ると、結構おすすめしたいのですが、いろいろ条件が整わないと、いい写真が撮れないかもしれません。

イメージ 1

イメージ 2

舞浜駅のホーム蘇我側の先端から、東京行きの電車の撮影ができます。

構図は、京葉線でよくある感じになります。



東京駅からすぐですし、ディズニーリゾートへ来る人のための臨時列車も来たりしますので、結構いい場所だと思います。

ただし、もともと利用客が多い駅ですので、ネタなどがあるときなんかは、鉄道ファン同士だけではなく、一般客ともトラブルにならないように気をつけてください。

 
東北新幹線の運転再開の時期に関しての情報が、昨日今日と結構いろんな新聞などに載っていて、情報がやや錯綜気味なんですが、毎日新聞の記事によりますと、JR東日本は、4月20日を目途に東北新幹線の全線で運転を再開する方針とのことです。
 
つい最近、全線復旧には一ヶ月以上かかるやら、いろいろ情報があったんで、いまいちよくわかりませんが、毎日新聞の言うことなんで、多分あっているんでしょう。
 
 
さらに、那須塩原から福島までが、4月の上旬に運転を再開するとも書いてあり、讀賣新聞には同じく4月上旬に山形新幹線の福島~新庄間が運転再開すると書いてあったんで、もしかしたら4月上旬に東京から山形まで一本で行けるのかな?
あっ、でも最初は暫定ダイヤになりそうだから、難しいかな?
 
まだまだ問題が山積みだと思いますが、とにかく、少しでも被災者のためになってほしいです。
 
 

 
首都圏では、電力不足の影響で、各鉄道会社のほとんどの路線で列車の運転本数の削減がおこなわれたり、終日運休となっている路線なんかもありますが、JR西日本でも運転本数の削減が行われるようです。
 
皆さんご存知の通り、電気の周波数の違いから、中部電力より西の地域では、節電してもほとんど意味がないのです。
まさかJR西日本がそんな無意味なことをするのか?と思いきや、どうやら今回の地震で部品の製造メーカーが被災して調達の見通しが立たないようです。
 
まさかこんなことになるとは……
 
 
JR西日本のプレスリリースによりますと、部品の調達ができないのは直流電動機ブラシだそうです。
つまり、直流モーターを使用している電車全てに影響するようで、JR西日本の電車のほぼ半分の、およそ2300両に影響がでるらしいです。
延命改造して、国鉄型バンバン走らせていたのが、こんな形で仇となりましたね。
 
 
直流電動機ブラシは、日立市のメーカーが製造していたようで、こちらは震災で被災してしまったようです。
さらに、この部品の最終加工を行っている企業は、福島第一原発の20km圏内=避難指示地域にあるそうで、創業できない状況らしいです。
 
そういう関係で、JR西日本も、列車の運転本数の削減がおこなわれるようです。
 
簡単に説明しますと、
・特急列車が「こうのとり」「きのさき」「くろしお」「やくも」などの編成両数削減や、臨時列車の運休を4月2日から実施。
 
・京阪神エリアは、データイムの運転本数を削減し、一部路線では終日85~95%の本数で運転。4月11日からの実施で、4月4日から実施予定だった女性専用車の終日化は当面の間は見送り。
 
・それ以外のエリアは、データイム中心に削減と、一部は終日70~90%程度の本数で運転。4月2日から実施。
 
になるみたいです。
 
25日に、詳しいことがJR西日本の各支社から発表があるようです。利用される方は、注意が必要です。
 
 
 
産経新聞の記事によれば、近鉄も6月以降、一部を運休せざるを得ないようで、京阪や阪急も、当面は大丈夫なようですが、この状況が改善されなければ対応が必要とのことです。
 
 
これから日本経済は大変なことになりそうですね。まさか関西でこんなことになるとは思っていもいませんでしたから。
他の業界でも、似たようなことがなければいいんですけどね……。
 
 
今年の漢字は、「」が有力候補ではないでしょうか?
の被害も尋常ではないですし、これからの経済にも大きなができそうですから……
 
そういう波は嬉しくないです。

↑このページのトップヘ