2011年02月

 
少し前の話ですが、他にネタが無いので書かせていただきます。
 
 
ご存知の方が多いと思いますが、銀座線に新型車両、1000系が登場するらしいです。
 
内装は新しい技術を取り入れますが、外装は、初代銀座線の1000形をモチーフとするらしいです。たまにこういうレトロ列車って登場しますが、結局中は新しいわ、外も最初はピカピカ。どこがレトロなのでしょうか?
 
せっかくモチーフが銀座線の1000形だったら、
これも復活させるのはどうでしょうか?
 
ここまで復活させることができたら文句なしです(笑)
 
 
 
この車両の台車に導入される新型操舵台車はすばらしいと思いました。
まぁ、その辺の説明は文字だけじゃ伝わりにくいと思いますし、面倒なんで、東京メトロのプレスリリースを見てください。
 
 
 

大手私鉄最後の吊り掛け車(特殊狭軌を除く)として有名な名鉄6750系ですが、6756Fが、さよなら運転を行ったようです。
 
残る編成は6751Fのみで、こちらも3月には廃車となる予定で、吊り掛け駆動方式を使用した電車に乗れるのは、路面電車や近鉄内部八王子線などの特殊狭軌の鉄道ぐらいになってしまうでしょう。
 
 
自分は、地元の東武野田線が結構遅くまで5070系という吊り掛け式が走っていたため、あのモーターの音には意外と愛着があります。なので、あの音を聞く機会が減ってしまうのは非常に寂しいです。
 
なんか吊り掛けに愛着があるとか、とてもバブル崩壊後に生まれたとは思えないような発言をしておりますが、あの会社が車両に金かけないのがいけないんですよね。今でこそ吊り掛けは走っていませんが、冷房付近にカビが生えている電車なんて、現代の日本では非常に珍しいのではないでしょうか?
 
 
話がそれてしまいましたが、吊り掛けがなくなってしまうのは寂しいと言いたかっただけです。
 
最後に名鉄6750系の走行音を載せます。
 
当時(2009年3月下旬)は、まだ置き換えが始まる前でした。まさか2年でなくなるとは思いませんでした。名古屋はそこまで遠い場所でもないので、もう一回ぐらい乗りたかったです。
 

イメージ 1

イメージ 2

ネタが無いので、昨日上野駅で撮影した寝台特急カシオペアの写真を公開します。


電気機関車が変わってから撮影するのは初めてでした。


実は北斗星の方もまだなんですよね。そのうち撮ろうとは思っているんですが、新型車両は急ぐ必要が無いんですよね。



……結局ネタが見当たりませんでした(苦笑)

今日は眠いんで、充電日とさせてください(笑)

今日は予定通り、E5系の試乗列車の撮影に行ってきました。
 
そういうわけで、久々に大宮へ。
 
 
16両編成が入れるホームに、10両編成の列車が来ると言うことなので、場所的にも余裕があると思ったので、発車30分前ぐらいに着きました。
 
いきなり新旧の並び。
違和感はまったくありませんでした。E2系とE5系って、結構似ていると思っていたんですが、こうやってみるとよくわからなくなりますね。鼻引っ張ったらこうなるのかな?
 
E2がいなくなってから撮影。
運転台がもう少し高かったら文句なしだったかもしれませんね。今後最高速度320km/hで走ることになるんですが、ここまで低いと運転士の体感速度はすごいことになってしまうでしょう。
 
今度は斜めから。
そして横から
実物を見てみると、思ったほど長いとは感じませんでした。
 
続きまして、はやぶさのロゴマーク
 
ちなみに寝台特急のロゴはこんな感じ
あんまり比べる必要ありませんでしたね。
 
そして、E5と言ったらもちろん、
はい、グランクラスです。残念ながら、内部の写真は、既に人が乗っていたため撮れませんでした。
このマークはいったい何を表しているのでしょうか?
 
なんだか既に世に出回っているような画像ばかりでしたが、いかがだったでしょうか?
今日は平日と言うこともあり、撮影目的の人は少なかったです。
 
ただし、マナーが特別悪かったとか、鉄道ファン同士でトラブルが発生したとか、そういう大事にはなりませんでしたが、黄色い線より外側に出たり、柵から身を乗り出したりして駅員に注意される姿がよく目に付いた気がします。
 
今日の人数であれだと、明日なんかは土曜日で多くの人が来ると思うので、普通の列車の運行に影響が出ないか非常に心配です。
 
 

 
MSN産経ニュースさんによりますと、JR7社が、国交相に要望書を提出したそうです。
 
内容はいつもとほとんど同じです。高速料金の無料化の見送りや、4月から始まる高速道路の新料金制度の見送りですね。
理由もいつもとだいたい一緒。
 
 
昨日、高速道路の新料金体制が発表されましたが、結果的に誰も得しない感じですね。これもいつものことですが。
 
普通車だったら、ETCつけて無くても、平日休日関係なく2000円で、ETC搭載車だったら、休日の上限は1000円。
ETC搭載車の軽自動車とエコカーは曜日関係なく上限1000円らしいです。
で、一番この制度を使いたいはずの中型車以上はといいますと、上限は設けられず、現行通りらしいです。
 
一体この政策、誰が喜ぶのでしょうか?
 
普通車の人も、この政策の財源とか見たらよろこんでいられないでしょう。どうせすぐに財源が無くなって、追加国債発行やら、増税やら・・・
 
 
と、まぁ政治に全く詳しくないゆとりが語っているわけですが、このままで良いんでしょうか?
 
JRには、今後も最後まで国交相と争ってほしいですね。
 

↑このページのトップヘ