2010年10月

 
皆さんご存知の通り、来年3月、九州新幹線が全通します!
 
これにより、今まで開業していなかった博多~新八代間を運転していた「リレーつばめ」など、鹿児島本線の新幹線と並行する区間の特急列車は原則廃止となります。
 
それで余った車両で、日豊本線の特急「にちりん」や「きりしま」で使用している車両を置き換えるようです。
 
JR九州の車両事情は詳しくないのですが、おそらく赤い485系は危ないのではないでしょうか?
 
 
しかし、JR九州と言えば、特急天国的なイメージが小さい頃からあったんで、鹿児島本線から特急が減ってしまうのは寂しいです。
まぁ、新幹線開業ということは、そういうことが付き物なんで仕方ないことなんですけどね。
 

 
タイトルの通りです。時事ドットコムによりますと、昨日の午後7時55分頃、特急サンダーバード39号富山行きが近江塩津駅を通過後、異音がしたために緊急停車し、運転士が確認したところ、熊と見られる動物が線路脇に横たわっていたそうです。
 
まぁ、ここまではいいんですけど、問題はそのあとですよ。
時事ドットコムから引用させていただきますが、「JR西日本によると、JR近江塩津駅を通過後に異音がしたため緊急停車した。運転士が確認したところ、線路脇にクマのような動物が横たわっていたという。車両に異常はなかったため、運転席に戻って運転を再開した。
 
なんですか?その熊ならいいやみたいな対応は
 
人身事故だったら、警察が来ていろんなこと調べて、かなりの間、電車止めちゃいますからね。無駄に電車止めるよりマシですが、なんか動物愛護団体から苦情が来そうな内容ですね(笑)
 
 
それはそれとして、近江塩津って、馬鹿みたいに山の中とか、そういう場所ではなかったと思うんですけどね。
そういう場所で熊が出現って・・・
今年の異常気象で、山の木の実などが凶作らしいので、食料求め人里に下りてくるらしいですが・・・
 
非常に怖いですよね。山の近くに住んでる人、山からそこそこ近いところに住んでる人は、注意しないといけませんね。

JR中央線の水道橋駅から、東の方向へ2~3分のところです。
 
駅から非常に近く、緩い上り勾配、S字カーブと、結構好条件な撮影地です。
フェンス越し、もしくは、フェンスの隙間からの撮影となります。
 
御茶ノ水駅からもそれほど遠くないので、各駅停車に乗り換えるのが面倒な人は、そちらを利用するのもいいかもしれません。
 

日常だった光景も、過去のものに・・・
 
4年前までオレンジ一色だった中央線ですが、今日の臨時運転を最後に、中央線から201系が姿を消しました。
 
今日は、豊田から松本まで運転されたようですが、沿線にはたくさんの人が集まったようで・・・
罵声大会とかなければいいんですけど、俺は行ってないんでわかりません。
 
 
今日で本当に最後というわけですが、僕はそんなに名残惜しいとかそういう感情はないですね。
中央線にそんな縁がないからとかそういうことではなく、本来ならもっと早く引退していたんでね。
最後にこんなにイベントを開催してくれたJR東日本には感謝ですよ。一回も見に行っていませんが(笑)
 
 
まぁ、それでも、半世紀以上お疲れ様でした。
 
 

 
 
阿佐ヶ谷駅の緩行線ホーム中野よりから、快速線(正式には急行線?)の下り列車の撮影ができます。
望遠レンズがあったほうが良いと思います。
俺のコンデジだと、デジタルズームを使用しなければならないので画質が悪くなるし、下手すると信号関連の説明しにくい障害物が入ってしまいます。
 
快速線も緩行線も列車本数が多いため、被ることが結構多いです。
 
ホームの先端は狭くなっています。安全な場所で撮影を行ってください。
 
 
また、休日は快速電車は停車しませんのでご注意ください。
 
 

↑このページのトップヘ