2009年12月

イメージ 1

↑噂は多々ありましたが、ついにこいつも公式に廃車の対象に...。

東京メトロは、列車運行のエネルギーを効率的に使用するため、千代田線に環境配慮型の新型電車、16000系を導入すると発表しました。

16000系は来年秋頃より順次投入され、最終的には16編成160両が製造されるようです。


外見がおそらく10000系ベースなんでしょうが、フロントのラインカラーの入れ方と言うか、フロントガラスがすそ絞りの感じは、地下鉄直通用ではないE233系?

とにかくですね、「現物見ないとわかりませんね」としか言いようのない、最近の新型車両(主にメトロ車)に多い感想ですね。


気になるのは、ドアの上の車内表示が、17インチの液晶モニターが2つと言うことですね。

今までの地下鉄直通タイプは、液晶1つと、液晶準備用のスペースのみでしたので、ここは非常に気になります。

それ以外は、座席が硬そう以外特にありません。

https://livedoor.blogimg.jp/jre231train/imgs/a/1/a1bc2258.jpg

本日の終電後から、明日の午前中にかけて、浦和駅高架化工事のために、京浜東北線の南浦和~北浦和間が運休となります。
この区間ではバス代行輸送が行われます。

大宮~北浦和間では、15分間隔で運転となります。通常より本数が減りますのでご注意ください。

なお、南浦和~大船間は、通常と同じ本数での運転となります。


この辺りは、前回までの2回の工事と同じなので、全然気にしていなかったんです。

しかし、今までの工事は、京浜東北線の高架化工事のみだったんで、京浜東北線のみの運休となりましたが、今回からは東北本線の下り線の工事となるため、東北線の列車にも影響が及ぶんです。

東北線の線路も使用不能となるため、東北本線(宇都宮線)と高崎線の電車は、一部列車が大宮~上野間で運休となり、その他の列車は大宮~赤羽間を湘南新宿ラインの線路を使用するため、さいたま新都心と浦和は通過となります。

京浜東北線は12:00頃まで、東北本線は15:30頃まで、このように運転されます。

https://livedoor.blogimg.jp/jre231train/imgs/f/0/f048428c.jpg

JR東日本は、来年3月13日に、ダイヤ改正を行うと発表しました。

このダイヤ改正の大きな動きとしては、まず成田エクスプレスの増発です。

既に運行を開始しているE259系をさらに投入して、新宿方面の列車を4往復、横浜方面の列車を9往復増発して、上下列車それぞれ30分間隔で運転するそうです。

また、このダイヤ改正と同時に開業となる、湘南新宿ラインの武蔵小杉駅と渋谷駅に、全ての成田エクスプレスが停車となります。また、品川駅も、横浜方面発着の全ての成田エクスプレスが停車となります。

このほか、上越新幹線では、一部区間でのデジタルATC使用開始によって若干の到達時間が短縮され、首都圏の列車増発や、運転区間を延長して、利便性を向上するそうです。


さて、増発とかそういうのの詳しいことは、JR東日本さんのHPを見ていただくとしましょう。


なんだかんだで、気になるのは列車の廃止ではないでしょうか?

ダイヤ改正ごとに発生している、ブルートレインなどの歴史ある列車の廃止ですが、この改正でも発生するみたいです。

少し前から報道はされていましたが、上野と金沢を結ぶブルートレイン寝台特急「北陸」号と、同じく上野と金沢を結ぶ、今ではほとんどなくなってしまった貴重な489系ボンネット車で運転されていた急行「能登」号が、利用客の減少と列車の老朽化のために運転取り止めとなります。

週末や夏休みなどに臨時列車で運転されるみたいですが、どのようにして運転されるかはわかりません。

https://livedoor.blogimg.jp/jre231train/imgs/5/3/53dd370a.jpg

https://livedoor.blogimg.jp/jre231train/imgs/8/e/8ee19b57.jpg
↑こいつの行く末が心配だ...


京成電鉄は現在、日暮里と空港第2ビル間を最速36分で結ぶ成田新高速鉄道の整備を進めていますが、新線の建設や施設の改良工事などは、今年度末の工事完了を目途に進んでいるため、工事完了後、試験や訓練等を実施して、来年の7月の開業を目指すと発表しました。

新線を新型のスカイライナーが、最高速度160km/hで運転し、都心と成田空港を36分という速さで結ぶわけですので、気になるのはお値段ですが、京成上野~成田空港間の料金は、運賃と特急料金ともに1200円、計2400円だそうです。

現行の料金より、合計で480円高くなりますが、JR東日本の成田エクスプレスよりも安く早く成田に行けるそうです。
※現行の成田エクスプレス:東京~成田空港間最速53分、運賃+特急料金=2940円


また、京成高砂から成田空港までの新線の愛称が、「成田スカイアクセス」に決まったそうです。


果たして、JRは成田スカイアクセスに対抗できるのでしょうか?

値段も、早さも京成に及んでいないので、非常に心配です。

イメージ 1

JR西日本は明日(17日)より、京阪神近郊エリア内にて30分以上の遅れが発生、または、遅れが見込まれる場合、321系の車内ディスプレイにて文字による情報提供を開始するとの事です。

明日の始発電車から、321系4編成でサービス提供が開始され、来月末までには、321系全39編成全ての電車で情報提供が開始される予定との事です。


遅すぎではないですか!?


321系って5年ぐらい前にはできていた気がしますし、製造当初から液晶モニターつけてたんですから、もう少し早くつけてほしかったですね。

5年前でも、E231系500番代で既に似たようなサービス始まってましたし、他の車両でも液晶がなくても、LED表示機で頑張っていたんでね。

今度製造される225系にもつけられるのでしょうか?

↑このページのトップヘ