2009年11月

イメージ 1

東北新幹線の新青森延伸開業に伴い、JR東日本ではE5系を導入することになっています。

JR側は、この新型で世界最速の時速320kmで運行するE5系に、公募で新しい愛称を付ける方針ですが、その場合は、現在の東北新幹線の最速タイプの愛称となっている「はやて」が廃止になることも考えられます。

「はやて」という愛称は、2002年の八戸延伸開業時に登場した愛称で、公募で決定されたものの、実際にはこの公募のトップ10には入っていませんでした。
これまで「はやて」という愛称は、公募の中でたびたび浮上していたそうですが、理由は「はやて(疾風)」が農作物に被害をもたらす風や疫病の異名でもあるためといわれているが、将来の新青森延伸も視野に入れ斬新でスピード感を表す名称として、敢えて採用されたということです。
(この辺はwikipediaより)


廃止ムードぷんぷんのなか、今月17日に青森県知事と八戸市長が要望活動で訪れた際に、JR東日本の幹部より「廃止ありきではない。地元と相談して決めたい。」という愛称存続も含めた発言をしたそうです。

「はやて」の愛称が残る可能性が出てきたわけですが、やはりE5は新しい愛称がつけられそうですし、「やまびこ」が消えることも考えにくいですし...。
どちらかというと、やはり「はやて」という名前は早そうなイメージがありますし...。

E5の愛称公募のとき、「はやて」が上位にランクインすれば簡単な話なんでしょうが、そんなに事はうまく進むのか?

とりあえず、JR東日本が、地域密着になったということにして、強制的に簡潔いたしましょう。

イメージ 1

※画像が米原駅での撮影のような気がするのは、おそらく気のせいでしょう(笑)

大阪駅では、平成16年から駅の改良工事を行っているようですが、そのなかで、新5号ホームの工事が完了したため、来月20日の始発より11番線として使用を開始するそうです。

当日より、特急サンダーバードと特急雷鳥の全ての電車と、特急ワイドビューひだ25号、特急ワイドビューしなの9号、急行きたぐにが、このホームからの発車となります。

また、11番のりば使用開始後も、9,10番のりばを使用する特急列車の停止位置が、ホームの中央寄りに変更となるようです。



詳しくはこちら(JR西日本のプレスリリース)をごらんください。

人間関係って難しいですね。知ってはいても,普通の勉強とは違って,これを得意になるのは不可能ですからね。

3人で語ってみたり,4人で語ってみたりしたんですが,こればかりはよくわからん。


と,言うわけで,現実逃避ではありませんが,オタトークでもしますよ(笑)



E233系...
なんと,来月でデビューから3年になるんですね。

中央線への投入は既に完了。
京浜東北線は,年度末には209系を全て置き換えるみたいであります。

今後も常磐緩行や京葉線に順次にE233系を投入するそうです。

全部合わせると2000両ぐらいでしょうか。


って思ったんですけど,これはJRからの発表があったやつのみの数なんですよね。

悪魔でも噂ですが,埼京線とか東海道の3000番代等が実際に増備されたら...

実に3000とか4000両ぐらいになるんじゃないですか!?

E231が3000以上あったはずなんで...
いやそもそも,JR東日本って何両の電車を保有してるんでしょう。
こんなに新型車両を投入しても,まだまだ古いのがたくさんありますからね。
そもそもE233がここまで増えると,E231もボロく見えるから恐ろしい話です。

こんなにしょっちゅう大量に新型車両を作るJR東日本には,いつも驚かされてばかりです。

イメージ 1

千葉県市原市で介助犬と暮らす男性(48)が10月、JR鎌取駅(千葉市緑区)で新幹線の乗車券を買う際、介助犬の同伴を一時断られていたことが分かった。身体障害者補助犬法(02年施行)はすべての施設や交通機関に対し、介助犬や盲導犬の受け入れを義務付けているが、窓口職員は理解していなかったという。

 「日本介助犬協会」(本部・東京都)などは16日、同駅を所管するJR東日本に対し、再発防止を求める要望書を送付した。

 男性によると、同伴拒否があったのは先月20日。男性の妻(43)が同駅でJR名古屋駅までの新幹線の乗車券を求め、介助犬の同伴を伝えたところ、窓口職員に「(東海道新幹線を運行する)JR東海は盲導犬のみ同伴を許可しており、介助犬は認めていない。他の交通機関を利用してほしい」と拒まれた。

 妻は受け入れが法的義務であると説明したが理解されず、男性本人が電話で交渉。最終的に職員は誤りを認めたが、発券まで3時間以上かかったという。

 男性は「あきらめて車で行こうかとも思ったが、ほかの介助犬使用者のためにも説明に努めた。JRには法に基づいた対応をお願いしたい」と話す。

 日本介助犬使用者の会の木村佳友会長は「法施行から7年たったにもかかわらず、公共交通機関で同伴拒否が起きたことは大変残念。全職員に法律を周知徹底させてほしい」と求める。

 JR東日本は毎日新聞の取材に対し「ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。今後、このようなことがないよう社員教育を徹底し、再発防止に全力を尽くしたい」とコメントした。
(毎日新聞より)



う~ん。職員が義務を知らなかったのが原因ですが、さすがに全ての法律は覚えられませんからねぇ。

ただ、もっと早くに気が付いてほしかったです。3時間以上も時間を費やしたのはよくないことですね。
乗車拒否もどうかと思います。

これをきっかけに、いろんな人が身体障害者のことを理解して行動できるようになるといいですね。

この事件(?)だって、一歩間違えれば人種差別になりまねませんから。

昨夜、全然寝れずに、結局4時半ぐらいまで起きていて、睡眠時間が3時間で、正直しんどい中でも、授業中寝ることなく1日すごしてやりました。

そんで、いまキーボードを打っている俺の手は、睡眠不足知り合いの衝撃的な出来事によって、ガタガタ震えまくっています(笑)


今まで1人物だった2人の男のうち、1人が旅立った...。

これがドラマだったら、俺、主人公ですよ!?

いや、むしろハッピーエンドなドラマであってくれ!


いいですねぇ、クリスマスとか忙しそうで。

俺は男だけで酒パかぁ~。この際どん底を味わうためにも、山手線を10周でもしてやりましょうか?
それとも樹海?

焦りたいけど、好きな人おらん状態やし、クリスマスまであと1ヶ月ちょいですやん!

いじめか!?



睡眠不足?知らんわ!

しばらくは人生設計で、眠れない日が続くでしょう。

↑このページのトップヘ