cfe4231d.jpg
28日の夜、山陽本線の八本松~瀬野間で、貨物列車が脱線する事故が発生しました。


25両編成のうち、12両目前側の車輪が脱線している(FNNプライムオンライン)とのことですが、詳しい脱線原因は不明で、今日の午後には運輸安全委員会の現地調査も入りました。



この影響で29日は西条から安芸中野の間が終日運転取りやめ、それ以外の三原から岩国の間で本数を減らしての運転となったんですが、明日30日も同様の措置がとられるようです。



バスによる代行輸送と山陽新幹線への代替輸送が行われており、こちらも明日も継続されるみたいです。



鉄道の難所である瀬野八での脱線事故。


幸いにも死者や負傷者は出ませんでしたが、原因が気になります。ただそれ以上に、年末年始の帰省客や観光客に対応できるよう、早く通常ダイヤに戻れることを祈ります。