IMG_8805
山形新幹線と秋田新幹線の特急料金が2022年春から改定されます。(JR東日本のニュースリリース

この2つの新幹線は新幹線を名乗るものの、正確には新幹線に直通する在来線特急ですので、現行だと特急料金も新幹線と在来線A特急を乗り継いだのと同じだったはず。今回は在来線部分が新しい特急料金になるみたいです。

その料金体系を変えるってことなんですが、そのタイミングで山形新幹線が全席指定席になります。



ちょっとびっくりですが、「自由席に座るために長時間並ぶ不便さ」「始発駅に近い方が座れるという不公平感」 という2つの課題を考えるとなんか納得。

おそらく現場目線から見ても、特に本数のわりに手狭な東京駅のホームで自由席待ちの並びに並ぶ人が溢れても、安全面考えたら問題ですし、指定席より安い席の為に、その混雑を捌くための人員を使いまくるのも嫌でしょうしね。


「当日まで席の確保が不確実」と言うのは知らん。それが自由席だ。と言いたいところですが、指定席がいっぱいだったから仕方なく自由席を買ったというパターンもありますから、確かにこれも課題だったのかもしれませんね。指定席が2両増えるわけですから、指定席特急券を購入するチャンスが増えるという意味では朗報なのかも。



自由席ユーザーに取っては実質値上げになりますが、指定席利用だと現行より安くなったりするみたい。



まあとにかくえきねっとに入れってことですね。賛否ありそうですが、それが一番安くなりますし、なんだかんだ便利ですからね。