abb394df.jpg
先月、JR東日本から一部新幹線の運転取りやめが発表され、こまち6号がはやぶさと併結しないまま東京駅へ乗り入れ、あろうことか仙台までの折り返しをE6系単独のまま「はやぶさ15号」を名乗ろうとしていることが発覚しました。


しかし。


発表当時も急激に減り始めている時期でしたが、新型コロナウイルスの感染者数が急激に減少し、なんだかんだで一定程度に収まっている状態にまでなりました。



もともとコロナで利用が減りすぎたし、経費削減の為いい加減列車減らさせてくださいって感じの運転取りやめで、利用者増えたり状況によって運転するとは言っていましたが、11月については運転を取りやめる列車が削減されました。(JR東日本のニュースリリース)



これでほとんどの列車が結局運行ということになったんですが、結局はやぶさ6号が土曜日以外運休のままで、土曜日以外はE6系単独で盛岡以南を走る姿が見られそう。



ネタとしてはおもしろいのですが、今日JR東日本が業績予想を下方修正し2期連続の最終赤字を見通してると発表されましたので、あまり喜ばしいことではないですね。



来年度こそJRが黒字に戻りますように。