IMG_8599
相鉄線の撮影ポイントから北へ5分ちょっと歩き、今度は小田急小田原線の撮影。60000形MSE特急ふじさん。


IMG_8601
2000形。この季節はやはり影が気になりますね。正面に陽の光が当たる場所がわずかなため、いっそ影に入ってた方が撮影しやすいという罠。

IMG_8612
リニューアルされた1000形。正直2000形との外見上の違いがよくわかってません。

 IMG_8617
3000形。この車両辺りから小田急の通勤型のイメージが変わっていったような気がします。

IMG_8625
8000形。小田急の中では一番古い形式になります。それでも一番古くて1982年製。どこぞの東武とは大違いですよ。



IMG_8630
久しぶりに見ました、70000形GSE。こうやってみると運転室ってめちゃめちゃ狭いですね。



IMG_8637
またリニューアル1000形。千代田線に乗り入れなくなって10年以上経ちますが、まだまだバリバリ活躍しています。


IMG_8644
そして最後にお目当ての5000形。小田急の最新型車両です。いや前照灯眩しいな。そして真ん中の白い横線みたいなところってライトだったのね。



んで、せっかく海老名まで来たので、もう1路線の方にもこの後向かってみました。


IMG_8805
山形新幹線と秋田新幹線の特急料金が2022年春から改定されます。(JR東日本のニュースリリース

この2つの新幹線は新幹線を名乗るものの、正確には新幹線に直通する在来線特急ですので、現行だと特急料金も新幹線と在来線A特急を乗り継いだのと同じだったはず。今回は在来線部分が新しい特急料金になるみたいです。

その料金体系を変えるってことなんですが、そのタイミングで山形新幹線が全席指定席になります。



ちょっとびっくりですが、「自由席に座るために長時間並ぶ不便さ」「始発駅に近い方が座れるという不公平感」 という2つの課題を考えるとなんか納得。

おそらく現場目線から見ても、特に本数のわりに手狭な東京駅のホームで自由席待ちの並びに並ぶ人が溢れても、安全面考えたら問題ですし、指定席より安い席の為に、その混雑を捌くための人員を使いまくるのも嫌でしょうしね。


「当日まで席の確保が不確実」と言うのは知らん。それが自由席だ。と言いたいところですが、指定席がいっぱいだったから仕方なく自由席を買ったというパターンもありますから、確かにこれも課題だったのかもしれませんね。指定席が2両増えるわけですから、指定席特急券を購入するチャンスが増えるという意味では朗報なのかも。



自由席ユーザーに取っては実質値上げになりますが、指定席利用だと現行より安くなったりするみたい。



まあとにかくえきねっとに入れってことですね。賛否ありそうですが、それが一番安くなりますし、なんだかんだ便利ですからね。


IMG_8585
埼京線と相鉄線の直通運転が始まってもうすぐ2年経ちますが、開業日以来相鉄線に行ってませんし、あの日はほとんど羽沢横浜国大駅に居たので撮影とかしていないんですよね。

と言うわけで、小旅行気分で相鉄線へ行ったものの、撮影地が見つからず結局海老名まで来てしまいました。


IMG_8529
西日がバチクソ眩しいですが、相鉄線に乗り込んできたE233系7000番代。


IMG_8532
各停新宿の表示も初めて見ました。JRだと各停じゃなくて各駅停車ですもんね。

 
IMG_8547
相鉄9000系。やっぱちょっと眩しすぎるのでちょっと移動することに。

IMG_8552
海老名駅から歩いていける距離の踏切で撮影することに。

IMG_8559
E233系からの相鉄9000系というさっきと同じ流れ。


IMG_8564
相鉄20000系。いつも恵比寿で見ているやつかと思ったんですが、貫通構造の東急直通対応の方でしたね。

IMG_8574
続きまして、10000系。最近なかなか聞けなくなったE231系の幽霊インバータの音を、今も奏でてくれていました。

最近10000系なのに11000系のような面に改造された編成が2本出てきたので、この顔を見れるのもそう長くないかもしれません。


IMG_8585
最後はE233系。結局JR直通は3本連続E233系だったので、なんかわざわざ海老名まで来たわりには相鉄感の薄い撮影でした笑


まぁ、ガチで相鉄を撮りたいのなら
IMG_9358
二俣川以南で撮った方がいいですね。本数が全然違いますし。



まぁでもせっかく海老名まで来たので、この後別の場所で撮影することに・・・・・・

↑このページのトップヘ