IMG_5419
7年ぶりに津田沼に行く用事が出来ましたので、ついでに先日京成への合併及び車両デザインの変更が発表された新京成を撮ってきました。


IMG_5425
地味に初めて見た気がするN800形。色変えちゃったらただの京成3000形になっちゃいますね。

IMG_5431
N800形は旧塗装にされてる姿が確認されているので、早い段階でピンク色が見られなくなるかも。

IMG_5452
80000形は登場時からこの姿なので、復刻とかも無しに普通の京成デザインにされることでしょう。

ところで、京成に吸収合併されるとは言え、デザインを統一する必要性ってあるんですかね?


ロゴマークだけ張り替えて、松戸線は松戸線オリジナルでそのままでいてもバチは当たらないと言うか、変に金かける必要あるのかなと、少し疑問に思ってしまいます。


まぁ京成ブランドと言うのを車両の塗装に見出しているのであれば、統一するのも一つの手なんでしょうけど...


とりあえずこの日は時間がなかったのでここまで。年度内にはもう一度来ようと思います。

 

IMG_5373
春日部の高架化工事の状況確認後、隣の八木崎で撮影してきました。

野田線も今年度新型車両80000系が登場予定で、置き換え対象でない60000系も5両編成化されるため、6両編成の野田線を見られるのもそう長くありません。

IMG_5379
こちらは御大の8000系。

東武博物館所有の8111Fを除けば七光台最年長で、51歳を迎えております。

IMG_5391
こちらは今月で50歳を迎えた8000系8166F。


IMG_5400
野田線最新鋭車両60000系も、気がつけば登場から10年前後の月日が流れてます。

IMG_5397
こちらは衝撃的な転属だった10030系10050番代。


8000系、10030系、60000系。11年続いた3形式体制も、もう間も無く新たな顔が入り、そして2形式が消えようとしています。


そしてよく撮影に来る八木崎も、あと2〜3年もすればこの構図での撮影ができなくなります。

ちょうど高架化工事で仮線に切り替わる場所ですからね。10年後、新しい顔ぶれが高架を降ってくる様を早く見たいものです。





IMG_5355
5月に仮上りホームの共用が開始された春日部駅。それに伴って使用されなくなった1,2番線の線路が撤去されました。

IMG_5359
かろうじて分岐器の部分だけ残されたレール。

IMG_5361
枕木も木製のものは剥がされてまとめられていました。しかしいくら2番線に営業列車が入らないとは言え、ずいぶん古そうな枕木を使用していたんですね。

IMG_5362
そしてこちらは下り方。仮線切り替え直後は繋がっていなかった、仮線からの渡り線がすごい曲線を描いて4番線方向に伸びています。

IMG_5363
野田線のホームから先ほどの渡り線を見てみます。しっかり4番線に通じていますね。

なお5番線は相変わらず切断されたまま。復活することなく下り線の仮線転線を迎えそうですね。



IMG_5369
線路は撤去されましたが、旧1番線ホームはまだ残っています。解体にはどれぐらいの時間がかかるんでしょうかね。壊すのは比較的簡単でしょうけど、営業線に挟まれてますし、廃材の搬出するのに時間かかりそう。

なお、
IMG_5352
西口にあった駐輪場は撤去工事が始まり、こちらは年度末までかかるそう。

となると旧1番線ホームも年内ぐらいまで撤去工事になるのか?


1〜2ヶ月ぐらいしたら、また工事の様子を見にくるとします。








 

↑このページのトップヘ