ad814d38.jpg
JR東海所属のドクターイエローが25年1月に引退すると発表されました。(JR東海のプレスリリース

西日本所属のドクターイエローでの検測走行は当面継続と書いてありますが、現在ドクターイエローで行っている検測は2027年からN700Sに導入される営業車検測機能に代替される予定とも書いてあるので、現状2027年完全引退予定ということでしょう。


鉄ヲタだけでなく、一般の方にも幸せの黄色い新幹線として、ある程度の知名度を持つドクターイエローですが、それ故に走行時に人が集まり過ぎるという問題も抱えています。


特に親子鉄が多く見受けられ、人が大勢集まっている中で記念撮影をしようとするため、どうしても抱き抱えて実質的にホームドアから身を乗り出すような形になっている姿も確認しています。


またホーム中程に止まることから、他の利用客が多い位置に止まるため、まぁ割と迷惑な感じになっていたり、子供がぶつかったかなんかでその親子にブチギレてるただ新幹線を待っていただけの中年男性を見たことがあります。



鉄道車両の引退となると、カメラを抱えたちょっとアレな大きなお友達が大量襲来して、ホーム先端部を中心に沿線各地で様々なトラブルを起こすのが通例ですが、ドクターイエローに関しては今まで以上にトラブルが起きそうで心配です。


撮り鉄VS親子とか言う胸糞悪いトラブルが起きないことを祈ります。


自身は鉄道に興味ないけど子供のためにドクターイエローを見にくる方へ。

子供を守ってください。

 

IMG_8827
土曜日に出掛けた帰り道、大宮駅で185系と遭遇。

残りわずかとなりながら、波動用としてまだまだ活躍しています。この編成はそろそろ検査切れ説もありますが。


波動用の車両が不足しているJR東日本。

まさかと思い、今日の昼間、東大宮に行ってみたんですが、
IMG_5020
全然電車がいませんでした。

IMG_5019
踊り子用と波動用のE257系が2本ずつ。

東大宮と言えば、特急用車両の基地であるとともに、
IMG_5397

35cb016a.jpg
改造待ちや廃車回送待ちの疎開先としての一面があります。

けど現場その役目を担えてないんですよね。北関東方面で車両の動きがなく、首都圏各地に疎開が必要なほど大きな車両の動きもありませんし。


これが良いことなのか、悪いことなのか、それはよくわかりませんが、車両が余るほど需要が消えた4年前と比べると、今は非常に良いことだと思いましょうか。









4044b4e6.jpg
2022年の豪雨で被災し、今も今泉〜坂町間で不通となっている米坂線。

もともと利用客の少ない赤字路線ながら、復旧には86億円かかるとされ、JR東日本が単独での復旧、運営に難色を示し、沿線自治体と協議しているのですが...


先月29日に開催された沿線自治体とJRの検討会議では、新潟山形両県は復旧後JRが単独で運営していくことを望む結果に。


そして昨日は新潟県知事から、今日は山形県知事から改めてJR単独での復旧と運営を求めていく考えを示されました。



復旧に関しては全額JRということはなく、県や自治体、国、JRがそれぞれ費用を負担するはずで、あとはどこがどれぐらいの割合がで負担するかということなんでしょうけど、復旧したら運営は全てJRがやれ。上下分離?第三セクター?そんなものは認めん。
たぶんそういう感じです。

 
あと両県とも国へ支援制度拡充を求めてますね。



県としては復旧はしてほしいけど運営する気も、施設保有する気もないという考えのようですね。

公共交通機関だから!公共交通機関だから!って言うぐらいなら、なおさら上下分離か第三セクター化が理にかなってると思うのですが、その方向に向かうことはまだなさそう。



ちなみに復旧の工期は5年と想定されています。

このまま議論がまとまらなければ、それだけ復旧は先になり、果たして復旧が実現できたとしても、その時沿線に利用客はどれだけ残っているのか...


このままだと復旧は厳しいのではないかと思います。


ちなみに私、5年ほど前に米坂線に乗ったことがあるんですが、
56cce19a.jpg
暴風雪でフロントは雪の塊となり、辛うじて運転席窓だけ運転士が手動でワイパーしてたから見える程度、途中駅で珍しく後者客がいたと思えば、開けたドアに付着した雪の塊がドアレール上に散乱、そのせいでドアが閉まらなくなるなど、まぁ過酷な環境下の路線と言うのを見せつけられました。

たぶん今までで一番、運行してくれた運転士に感謝した日でしたね。


ただそこまでして運行したとて、乗客の数は寂しいもの。そしてそんな路線での災害不通。


覚悟はしたほうがいいでしょうね。


仮に奇跡の復活を遂げることがあれば、みなさんぜひ乗りにいきましょう。

↑このページのトップヘ