IMG_9826
東福寺に戻って103系を撮影。ちょっと日差しが強かったですね。

IMG_9830
逆光ですし、ちょっと見えづらいですが、103系の並び。今じゃなかなか見れません。


IMG_9835
このまま奈良行きの103系に乗って宇治へ。

IMG_9846
久しぶりに宇治川で103系を収めました。3年ぶりぐらいかな。前は冬場の早朝とかだったので、光線ばっちりでの撮影なんて何年ぶりだろ。


全廃前に撮れてよかったです。


IMG_9852
目的を果たしましたので、みやこ路快速で京都へ。

IMG_9855
最後に0番乗り場に入った223系2000番代を撮って今回の旅行終了。回送とは言え、普通列車用の電車がここに止まってるの初めて見たかも。


今年8回目の関西遠征はこれで終了。

次回はいつにしようか。ここまで来たらあと2回は訪れたいです。



 

IMG_9710
二日目はまず御堂筋線で梅田へ。最近は30000系に乗る機会も増えたような気がします。


IMG_9713
大阪から高槻まで快速に乗り、


IMG_9719
高槻から京都まで新快速に乗るという、わりと意味のないどころか、高槻の外側線ホームが完成した今、乗り換えが面倒すぎる無駄な乗り継ぎ。

大阪駅でちょうど新快速が行ったばかりで、15分近く待つには暇すぎたからしゃあない。

 
ここから奈良線の103系を追いかけたいのですが、
IMG_9727
奈良線のホームでは205系2編成がお出迎え。

4ドア車の運用的にも、しばらく103系は来なそうなので、205系で1駅隣の東福寺へ行き、ちょっと歩いて

IMG_9731
東海道線を撮影することにしました。昔よく訪れた場所です。

IMG_9739
ここでも113系は見れるんですよね。この塗装だと、なんか価値が下がった気もしますが、今じゃ貴重な国鉄型車両です。

IMG_9747
琵琶湖線の方は223系のパラダイス。今日も飛ばしております。

IMG_9748
普通列車だって223系。まぁ普通と言っても、高槻まで快速だったやつですけどね。

IMG_9759
特急列車の主力は683系でしょうかね。ほぼほぼリニューアルされたのかな?前の灰色塗装が懐かしく思えるほど見てないな。


IMG_9769
次の湖西線の普通列車は117系でした。この撮影ポイント、かなりバラエティ豊かな車両たちを撮れますね。

IMG_9779
新快速223系2000番代。湖西線普通列車との格差が凄い。


IMG_9786
こっちじゃ少数派の221系。奈良県に絡まない221系はレアかも。

IMG_9796
貨物!EF210

IMG_9807
223系2000番代4連による湖西線普通堅田行き。この運用、国鉄型だけじゃないんだ・・・


IMG_9815
ラストはやはり圧巻の223系2000番代12連の新快速。


そろそろ103系のお時間が迫ってきたので、東福寺に戻ります。


つづく




仙台へ行った翌週、今年8度目の大阪へGO!というわけで、



IMG_9667
東京→新大阪 東海道新幹線のぞみ N700系

というわけで、9月ですでに今年8度目、令和になってから早くも4度目の大阪へ。


IMG_9670
新大阪から京都線と大和路快速を乗り継ぎまして、


IMG_9678
大正駅から徒歩10分ほどのこちらへ行ってました。


IMG_9684
消化試合だってのに延長12回までやって引き分け。でも思ってたより早かった印象。終電気にしなくて良いってのが、精神的に楽だったからか?7月に延長12回サヨナラ負け終電ギリギリ5時間越えゲーム等、くそみたいに長い試合ばかりみてたからでしょうか?

いや、今年京セラで見た試合、ほとんどが9回でこれぐらいの時間かかってたからだ。


何はともあれ、私の京セラドームでの試合観戦はこの日で最後。バファローズは翌日が最終戦だったんですが、そういうのは真のバファローズファンが行くべきで、他球団ファンが邪魔するのもどうかと思い断念しました。





試合後は阪神電車でなんばへ。
IMG_9688
阪神電車と言っても、来たのは近鉄電車。瓢箪山なんて行先初めて聞いたわ。


IMG_9701
ついでなんでアーバンライナーも撮ってみました。大阪と名古屋という2大都市を結ぶ特急に、アーバンライナーという名称は非常にふさわしいですよね。どこぞのアーバンパークライナーとは大違いですよ。

IMG_9703
つづいて近鉄8000系。製造時期は東武8000系と同じころなのね。そう思うと親近感が湧く東武アーバンパークライン沿線民です。


この日はこのまま宿へ向かいました。


駅からホテルまでの道中、ひっかけの手前、かに道楽前にて
IMG_9704
こんなの発見。この前あったっけ?



つづく



↑このページのトップヘ