IMG_2250
スーパーまつかぜに乗って、島根県の県庁所在地であり、山陰地方最大の都市でもある松江にやってきました。


山陰地方最大と言っても、人口は20万人ちょっと。わが地元春日部より少ないです。


松江駅からバスに乗って、
IMG_2261
島根県庁にやってきました。目的は奥に見える木造建築。


IMG_2262
国宝松江城は県庁のすぐ横にあります。


そんなわけで、城に攻め込もうとしたんですが、
IMG_2268
なぜか城の敷地内に西洋風な建物。

そしてそのすぐ隣には
IMG_2279
松江神社がありました。せっかくなんでここで初詣がてらお参りをしまして、いよいよ

IMG_2286
松江城天守へ。

IMG_2292
最上階から松江駅方面の市街地を見下ろす。


IMG_2298
宍道湖も一望できるのですが、如何せん天気が微妙。見事な鉛色の空。晴れてればもっときれいだったんだろうなぁ。


城を出て、歩いて宍道湖方面へ。


IMG_2309
 クソほどピンボケしたことに気が付かなかったんですが、一畑電車の松江しんじ湖温泉駅まで歩いてやってきました。

駅前に足湯があったので、冬の松江城の床でキンキンに冷やされた足を解凍しつつ、電車を待つことに。


IMG_2320
松江しんじ湖温泉駅の隣は松江イングリッシュガーデン前駅。昔のルイス・C・ティファニー庭園美術館前駅ですね。一時期長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅や南阿蘇水の生まれる里白水高原駅を抑え、日本一長い駅名として君臨した駅です。

ちなみにルイス・・・の前の駅名は古江だったそうです。開業時は許曽志だったとか。改称しすぎです。

IMG_2330
お待ちしておりました、一畑電車の車両、5000系。地方私鉄が好む元京王5000系ですね。


一畑電車に乗って、出雲大社に向かって初詣というのもありでしたが、さっき松江神社で初詣しましたのでパス。タクシーで松江駅に戻ります。


ここで運転手さんと話して気が付いたんですが、
IMG_2332
松江も「だんだん」って方言あるのね。


ありがとうを意味するこの方言、松山でも使われてるんですよね。松山城のガイドが言ってましたもん。


両地域とも日常生活で使われてはいないとは思いますが、どちらにせよ小学4年生ぐらいが都道府県庁所在地を覚えるときに紛らわしくてしょうがない松江と松山が、方言でも紛らわしいことが起こっていたとは・・・。

西日本だと「だんだん」を「ありがとう」関連で使う地域が結構あるみたいですが、東日本だと全然別の意味になったりするみたいですね。日本語奥深すぎる。




つづく


IMG_2135
歩いて長門市駅に戻ってきました。

長門市は広義では山陰地方に入るみたいですが、やっぱ山陰と言えば鳥取・島根の2県を指すことが多いのじゃないでしょうか。


今回の旅の目的というのが、人生で1度も訪れたことのない山陰地方に足を踏み入れることですので、いち早くThe山陰へ。


IMG_2200
長門市17:37発→益田19:29着 山陰本線普通 キハ40系

再びキハ40系で山陰本線ローカル旅。

2時間弱の旅でいよいよ島根県入り。


IMG_2206
すでに真っ暗の益田駅。

IMG_2202
隣のホームには、山陰でしか見られないキハ121系がお出迎え。

これに乗って一気に米子まで行くことも可能な時間だったんですが、できるだけゆっくり山陰を旅したいので、この日はここで移動終了。

IMG_2216
改札口では島根のゆるキャラ「しまねっこ」がお出迎え。


この日は駅前のビジホに宿泊。


翌1月3日、日の出前
IMG_2221
益田7:00発→松江9:22着 山陰本線特急スーパーまつかぜ キハ187系

7時でまさか夜明け前だとは思わなかったんですが、クッソ久しぶりに朝っぱらから乗り鉄。和田岬線に乗るとき以外でこんな早起きしたの久しぶりです。


IMG_2227
車内から木次線のキハ120

IMG_2230
オリジナル塗装の車両も発見。

まともな写真を収めたいので、次山陰を訪れるときまで存続していることを願います。



IMG_2243
車窓から宍道湖を眺めていると、島根の県庁所在地松江はもうすぐ。

IMG_2257

松江到着!




つづく
 

IMG_1984
今じゃ貴重な415系だったり、末期色だったり、国鉄型の宝庫、そして


IMG_1991
ふぐの街、下関。

ここから大規模な未乗区間、そして偉大なるローカル線へ。


IMG_1994
下関13:44発→長門市15:59着 山陰本線普通 キハ40系

ここから山陰本線の長旅がスタート。

正確に言うと
IMG_2000
末期色の墓場、幡生からが山陰線です。

ここからひたすら京都方面へ上っていきます。


IMG_2023
「本線」と名乗っていますが、かなりローカル線臭のする山陰線の中でも、益田市以西は特にローカルな雰囲気が漂っています。

IMG_2070
日本海沿いを進む山陰本線は、かなり絶景だらけの路線でもあります。

IMG_2128
冬の日本海ですが、この日はかなり穏やかに見えました。


IMG_2140
長門市16:16発→仙崎16:20着 山陰本線普通 キハ120形

長門市からは山陰線の支線、通称仙崎線へ。

この仙崎線は、山陰線というより、ほぼ美祢線の延長のような運行形態がとられているようで、今回乗ったのも美祢線からの列車。

おそらく長門市へのアクセスは、山陰線から来るより、こだまで厚狭まで行って、美祢線で来るほうが早いです。


IMG_2153
4分ほどで終点の仙崎。


IMG_2154
「〇〇のはなし」号のイラストと、金子みすゞの「私と小鳥と鈴と」

金子みすゞの出身がここ仙崎らしいです。



IMG_2160
駅前は綺麗に整備されてました。


折り返し列車で長門市に戻っても、乗り換え時間が1時間ぐらいあったので、散歩ついでに歩いて長門市に戻ることに。

IMG_2163
駅前の道を歩いていると、突如現れる金子みすゞのモザイク画。観光地化されているのか?


IMG_2165
金子みすゞ像。注目すべきは、土台に刻まれた「みんなちがってみんないい」が安倍晋三 著になってるところですね。

長門は安倍晋三ゆかりの地でもあるんですよね。

IMG_2186
日本海の夕日を眺めながら長門市駅へ、海岸線沿いの道を歩いて戻ります。ほんとにどこでも絶景だなぁ。




つづく
 

↑このページのトップヘ